新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年04月09日 17時38分 UPDATE

アニメ「惡の華」が衝撃的 「ロトスコープ」で実写タッチに、不気味なED曲にも注目

9日深夜からニコ生で上映会も。見逃した人は要チェックですよ。

[ITmedia]

 4月に放送が始まったアニメ「惡の華」がいろいろ凄まじいと各方面で話題になっている。原作は押見修造さんの漫画作品で、2009年から別冊少年マガジンで連載中。アニメ版は、原作の絵柄をあえて全く再現しなかったことをはじめ耳に残るエンディング曲など、諸々衝撃的な作品となっている。

 アニメでは、「ロトスコープ」という手法を採用している。これは、実写で映像を撮影し、それをトレースしてアニメにするという方法だ。ディズニー映画「白雪姫」(1937年)で用いられたりと、古くからある手法だが、一度実写で撮るため手間がかかる。それでも、コミックナタリーの対談によると、アニメ版の監督を務める長濱博史さんは「この作品は、そのままアニメ化したって誰も喜ばない」「ロトスコープを使えば面白く作れるかもしれない」と思い、原作者の押見さんも「実写タッチなら、面白くなると直感した」という。

画像 キャラクター紹介

 そして、第1話が放送されると視聴者の間でたちまち話題となった。映像は全編ロトスコープで貫かれている上、その世界観にあわせた音響演出、ASA-CHANG&巡礼が新たにアレンジしたエンディング曲「花 -a last flower-」のインパクトなどでネットは一時騒然となった。Twitterには本作の感想や、手法を解説するツイートが多数投稿され、これらはTogetter「『惡の華』第1話 アニメ関係者ツイートまとめ」などにまとめられている。

 9日深夜24時30分(10日午前0時半)からは、ニコニコ生放送で第1話の上映会が行われる。見逃した人、気になった人はチェックしてみよう。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事