新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年04月12日 16時58分 UPDATE

「Java言語」がそのまま魔法呪文になる教育ゲーム「Codespell」が面白そう

フィールド上で「Java言語」を呪文として使って魔法を起こし、クエストを進めていく教育ゲーム「Codespell」が面白そうです。

[ITmedia]

 カリフォルニア大学サンディエゴ校のヤコブス工学スクールで開発された教育ゲーム「Codespell」がプログラマなどの間で話題です。フィールド上でJava言語を呪文のように使って魔法を繰り出し、ゲームを攻略するというもの。「秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ」というブログが紹介したところ、はてなブックマークが400件以上も付くなど注目を集め、ネットでは「面白そう」「子どもと一緒にプログラミングが学べそう」といったコメントが寄せられました。Mac向けβ版が公式サイトのダウンロードコーナーで落とせるようになっていて、無料で楽しめます。

 ゲームを始めると3Dのフィールドが現れ、そこにはもののけ姫のこだまのような生き物たちが歩きまわっています(ちなみに音楽がカッコイイ)。プレイヤーはフィールド上のオブジェクトに対して魔法をかけられるようになっており、この魔法で生き物を助けていくのがゲームの進め方のようです。

photophoto Unityを使って作ったようです。なんかちっちゃいのが土を運んだり花を植えたりしてます

 ゲームのコントロール画面には「Spelle」という項目があり、いくつかの魔法が魔道書のようなものに登録されています。ここから使いたい魔法をコピーして利用できるのですが、どの魔法もJava言語が表示されていて、プレイヤーはソースを自分で書きかえることができます。

photophotophoto 魔法のソースをコピーして、石にドラッグしてみると……魔法発動!

 これらのソースは「ここをいじくると呪文の意味合いが変わりますよ」といった箇所が色付けされていて、初心者にもとっつきやすそうです。例えば「target.onFire(true)」となっている炎の魔法があるのですが、この魔法を使ってものを燃やした後、「target.onFire(false)」に書き換えて再度魔法をかけると、炎を消すことができます。こんな風にして、プログラミングをゲーム感覚で学んでいけるわけですね。なかなか面白そうです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事