ニュース
» 2013年04月23日 15時10分 UPDATE

トレッドミル+VRヘッドセット ゲームの中を“歩ける”未来的システム

これなら運動不足も解消できそう。

[ねとらぼ]

 VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットでゲームの没入感を高める取り組みは既に行われていますが、さらにトレッドミルを使ってゲームの中を“歩き回れる”技術が開発されています。

ah_vir.jpg

 新興企業Virtuixによるこの技術「Omni by Virtuix」は、赤ちゃんの歩行器を大きくしたようなトレッドミルとVRヘッドセットを組み合わせて、トレッドミル上を歩くことでゲーム内を歩いているような気分が味わえるというもの。歩いたり、向きを変えたり、ジャンプしたりといったプレイヤーの動きをシステムが認識して、ゲーム内のキャラクターに反映させます。自分が動いた通りにキャラクターが動くので、より没入感が高まりそう。ファーストパーソンシューティングゲームと相性が良さそうです。

 Virtuixは5〜6月にクラウドファンディングで製品化の資金を集める予定。Omni by Virtuixは家庭の居間に置けるサイズで、価格は400〜600ドルを目指すとのこと。ゲームのほか、トレーニングやエクササイズ、バーチャルツアーなどさまざまな用途があるとしています。

関連キーワード

ゲーム | 3D


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー