ニュース
» 2013年04月24日 12時17分 UPDATE

お米大好き集まれ:お米にこだわる人のためのお米のライフスタイルショップが銀座に誕生

お茶碗片手に銀座へ。

[北本祐子,ねとらぼ]

 東京・銀座の一角に、4月24日に新たに誕生した、お米のライフスタイルショップ「AKOMEYA」。銀座に和のこだわりのお店というのはしっくりくるが、「AKOMEYA」とはなんぞや? と調べてみると、母体はサザビーリーグらしい。サザビーリーグといえば、レザーバッグのSAZABYを筆頭に、人気セレクトショップのRon Hermanやライフスタイル雑貨のAfternoon Teaなど、洋のイメージのものを提案する企業。カラフルなファッションや雑貨を日本に広めてきた企業が、なぜいまお米なのか? オープン前にチェックしてきました。

画像 名前はアルファベットだけどやっぱり和の雰囲気。シンボルは福良雀

 店内では、1階には日本酒などの米の加工品のほか、お米を美味しく食べるための調味料や加工食品、2階ではその日常を彩る道具を販売している。やはり米へのこだわりがあるようで、全国からよりすぐりの16種類とオリジナルのブレンド米2種類を計り売りで販売。店頭で好みに応じて精米してくれるサービスもある。

画像 店頭では玄米の状態でケースに陳列。その特徴やおすすめの用途、旨み・食感・粘り・総合の評価がつけられています

画像 店頭での精米は三分・五分・七分・白米から選択。オーダーから5分程度で完了する

画像 袋入りの米も販売しています。一般的なスーパーではなかなか見ない、冷蔵ケース入り

画像 確かに白ごはんが美味しく食べられそうなタレなどの調味料が

画像 ラーメンを発見。チョイスが渋くて気になる

画像 店舗2階。上がってすぐのコーナーには紅茶やイタリア料理の食材のとなりに、米を保存するための容器が並ぶ

画像 なぜか歯ブラシ。それもソーラーパネルと半導体って……

 店舗2階の一角には、「ほぼ日刊イトイ新聞」(以下、ほぼ日)の売り場が登場。これはこだわりの視点を持ったモノづくりで、多くの商品を企画販売している「ほぼ日」にAKOMEYA側からオファーし、実現したとのこと。テーマは随時変わる予定で、オープン時は“ほぼ日の食”をテーマにした売り場を展開中。ここでは「ほぼ日」サイトのみで販売している商品を手にとって購入できる。

画像 ほぼ日の商品を常時販売する店舗としては初。ただし、すべての商品が並んでいるわけではない

 しかし、「お米のライフスタイルショップ」なのに、パスタもラーメンも売っているというのはなぜなのでしょうか? このようなラインアップになったのは、お店のテーマが米を食べることから始まったものの、食べる環境も大事だという話からどんどん広がり、住環境まで整えるというところまで網羅する形になった結果だとか。

「(AKOMEYAの母体である)サザビーリーグのブランド自体では、海外のものを多く扱うライフスタイルの提案を行ってきました。しかし、社内でも日本の文化に立ち返りたいという声もあったことから、なかでも注目される食文化に注目。日本の食卓で思い浮かぶものといえば、お米であり、炊き立てのごはん。お米の幸せな気分のようなものを提案していきたいというところから広がっていきました」(AKOMEYA広報の八木彩さん)

 しかし、「お米のライフスタイルショップ」というだけに、お米のためのグッズの充実度は際立っています。釜や土鍋、しゃもじや茶碗などが厳選されたものが並んでいます。

画像 「純銅製炊飯釜 ごはんはどうだ!」は3合炊きで2万9400円也

 さらに、かゆいところどころか、かゆくないところまで気遣ったオリジナルグッズも登場。例えば、5キロの米を持ち歩くためのバッグ。入れるものや用途を限定したバッグ作りをコンセプトに掲げるTEMBEAのもので、丈夫な帆布素材のバッグで作られています。オリジナルの日光桧の米びつには、複数のお米を食べ分ける人むけの縦型モデルも制作。

画像 5キロの米が入るからといって、それ以外使っちゃいけないわけではありません。でも、まずは5キロの米を入れて本当に大丈夫なのか確かめてみたくなります

画像 うら若き女子が5キロの米を片手で悠々…というのがばれないようにという心遣い(推測)がぐっときます

画像 日光桧で作られたオリジナルの米びつは、多種類の保管に便利な縦型や、お米が扱いやすい茶箱型があり

 このほかにも、店内で販売する食品や調味料、道具を使用した「AKOMEYA厨房」や、日本酒のカクテルやスパークリングなど、新しい美味しさを提案するスタンディングスタイルの「AKOMEYA BAR」もあり、買うだけでなくその場でもお米の美味しさを体験できます。

画像

AKOMEYA TOKYO

店名:AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トーキョー)

住所:東京都中央区銀座2-2-6

電話:03-6758-0270(AKOMEYA TOKYO)、03-6758-0271(AKOMEYA 厨房)

open:買い物 11:00 - 21:00、AKOMEYA 厨房 11:30 - 22:00(L.O. 食事 21:00/飲物 21:30)座席数 27席、AKOMEYA BAR 17:00 - 22:00(L.O. 21:30)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー