ニュース
» 2013年04月24日 14時49分 UPDATE

これは応援したい:自転車をこぐ力でモバイルデバイスを充電できる「Atom」 Kickstarterで資金募集中

着脱式のモバイルバッテリーを充電したり、USBケーブル経由でiPhoneやAndroidなどのモバイル機器を直接充電できる。

[ITmedia]

 うーん、これは、欲しいぞ……。

 自転車をこぐ力で動作し、スマートフォンやモバイルバッテリーなどさまざまなモバイルデバイスを充電できる自転車取り付け型ガジェット「Siva Cycle Atom」を、米サンフランシスコのSiva Cycleが開発しています。今秋の終わりごろの製品出荷を目指し、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金支援を求めています。

photo 後輪に取り付け。いろんな種類の自転車に付けられるとのこと
photo Atomの内部。可動部分はギア2つとマグネットローターだけというシンプルな作り

 Atomは重さ300グラムのコンパクトな装置で、自転車の後輪のリムに取り付けて使います。防水設計なので、雨天対応。内部には発電機があり、タイヤの回転運動を電力に変換します。容量1300mAhの着脱式モバイルバッテリーとセットになっていて、自転車でためたパワーを持ち運ぶことがが可能です。さらに、Atomにケーブルを差し込んで、iPhoneやAndroid端末といったモバイルデバイスを自転車をこぎながら充電することもできます。

photo 着脱式のモバイルバッテリーを搭載
photo 自転車でためたパワーを持ち運べる
photo こぎながらの充電も可能
photo USB端子を好きなところへ持ってくるための付属品も

 説明によると自転車の速度が時速3マイル(約4.8キロ)で0.75ワット、10マイル(約16キロ)で3ワット、15マイル(約24キロ)で4.5ワットを発電できるとのこと。安全性を考え、どんなに速度が出ても4.5ワット以上は発生しないようになっているそうです。モバイル端末に接続するためのUSBポートは、USBバスパワーと同じ5V/500mAを供給するよう設計。発電量が豊富だった場合は余った電力をモバイルバッテリーの充電に回したり開放したりします。

 スマホのナビアプリやサイクルメーターアプリをサイクリングに活用しているユーザーもいると思いますが、使っているとどうしてもバッテリーの減りが早くなってしまいます。でも、Atomがスマホを常に充電してくれるのなら、こうしたアプリを気兼ねなく使えそうですね。紹介ビデオではライトの電力に活用している場面も映っていて、いろいろな使い方ができそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー