ニュース
» 2013年04月24日 15時50分 UPDATE

世界初? しめじに映像を投影する「しめじェクションマッピング」が超会議に登場

バイドゥのAndroid向け日本語入力アプリ「Simeji」のブースで公開。

[ITmedia]

 建物や人などさまざまな物体にプロジェクターから映像を投影する「プロジェクションマッピング」――日本でも東京駅で大規模な映像演出が行われたりして話題を呼びましたが、4月27日に幕張メッセで開幕する「ニコニコ超会議2」にはなんと! 食用ぶなしめじに映像を投影するという世界初(?)の「しめじェクションマッピング」が登場します。

photo 何をしているんだバイドゥ!

 しめじェクションマッピングが見られるのは、バイドゥが展開するAndroid向け日本語入力アプリ「Simeji」のブース。会場では、しめじがプロジェクションマッピングでカラフルに彩られる予定です。また、特設サイトから入力したひらがながプロジェクションマッピングでしめじに投影され、文字変換されるというギミックも。紹介動画を見てみると、なかなかスタイリッシュではありませんか。

photo あ……キレイだ

photo サイトから文字を入力すると

photo しめじが変換してくれます

 で、重要なんですが、「プロジェクションマッピングに用いたぶなしめじは、展示終了後にスタッフがおいしく頂きます」とのこと。安心した!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー