ニュース
» 2013年04月25日 15時43分 UPDATE

世界初、溶けるボードゲーム「MELTDOWN」 部屋の温度で難易度が変わる

溶ける氷のマスの上でホッキョクグマの家族たちの駒を進め、安全な場所に逃がしてあげるゲームです。

[ITmedia]

 ドイツの子ども向け科学雑誌「GEOlino」とKolle Rebbe社が、世界初という“溶けるボードゲーム"「MELTDOWN」を子どもたちのために作りました。ゲームに使うのは、専用のケースで作った氷のマスと、サイコロ、そしてホッキョクグマの駒です。地球温暖化問題をボードゲームという遊びを通じて子どもたちに感じてもらいたい――そんな狙いで作られています。


photo MELTDOWN

 流氷のような氷のマスは、時間とともに溶けていきます。プレイヤーはサイコロを振り、マスが溶けきって先に進めなくなる前に、ホッキョクグマの家族たちをボードの真ん中にある大きな氷の島に逃がしてあげなくてはいけません。氷の溶ける速度は部屋の温度などゲームを遊ぶ環境によって変化します。こうして、環境の変化が与える影響を肌身で感じることができます。

photo ホッキョクグマの家族たちを
photo サイコロを振って大きな氷の「本土」に逃がしてあげます

 氷のマスは専用の製氷皿を使って自宅の冷凍庫で作れます。凍らせたあとに製氷皿のフタを開ければ、ゲームの準備は完了。氷の下にはスポンジが敷かれていて、水分を吸い取っていくれます。

photo 冷凍庫で凍らせれば準備完了
photo 遊んでいるうちにマスが溶けていきます

 環境先進国といわれるドイツらしいこのボードゲーム。日本にもやってくるといいですね。

関連キーワード

ボードゲーム | 子供 | ドイツ | 地球温暖化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  6. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 湖西線・志賀駅のホームが超積雪 電車ドアが開くと雪の断面ドーンな動画が話題
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー