ニュース
» 2013年04月27日 18時36分 UPDATE

ニコニコ超会議2:黒板にお絵かきして自分だけのプレーヤーを作る「ニコニコ超未来プレーヤー」を試してみた

四角を描くと動画が出現。プレイヤーを自分好みに“書く”ことができます。

[ITmedia]

 ニコニコ超会議2の「超ニコニコ未来開発ブース」では、ニコニコ動画の未来のプレーヤーをイメージした「ニコニコ超未来プレーヤー」を体験できます。ユーザーが黒板風の画面にスタイラスペンでプレーヤーを書きこむと、それが実際に動き出すという不思議な仕組みになっています。

photo 書くと、動き出します

 複数のペン機能を使い分けることで、ユーザーが書いた四角が動画の画面になったり、サムネイルの表示コーナーになったり、線をなぞるように動画コメントが流れたり……そんな具合に、自分なりのプレーヤーを作ることが可能です。作ったプレーヤー画面はその場でプリントされてブースの壁に貼られるほか、お土産に1枚プレゼントされますよ。

photo 線でなぞった通りにコメントが流れていく
photophoto 書いた動画プレーヤーを消しゴムで消せるというのがすごい
photo 人それぞれのプレーヤーが作られていました

 実際に試してみると、コメントの流れを自由にデザインできるのが楽しいですね。動いている動画を消しゴム機能で好きな形にカットできたりと、無駄に高機能なカスタマイズ機能が面白かったです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー