ニュース
» 2013年04月28日 00時19分 UPDATE

ニコニコ超会議2:超鉄道ブースで「公開解体買い付けショー」 最後は目玉品のオークションで46万円なり

昨年に引き続き、ニコニコ超会議2の「超鉄道ブース」では、向谷実さんの司会による「公開解体買い付けショー」を開催。今回は新幹線がお題であるが、最後になんとサプライズが!!

[作倉瑞歩,ねとらぼ]

 昨年の「ニコニコ超会議」でも開催された「公開解体買い付けショー」(以下、買い付けショー)。本物の鉄道部品をその場で切り売りしていく「超鉄道ブース」の目玉企画である。この企画を実行したのが、ミュージシャンの向谷実さん。今や立派な“鉄ヲタの星”である。昨年はJR九州の協力により「485系」電車の部品を切り売りしたわけだが、今年はなんと、JR東日本の協力により「E1系」と「200系」の新幹線車両が解体買い付けの具材だ。

wk_kaitai01.jpg 展示ホール5に位置する超鉄道エリア
wk_kaitai02.jpg 今回の解体販売される部品リスト

 さて、この買い付けショーだが、販売される部品と金額が発表され、その値段で買ってもいい、という人が入札をする方式。買い付けするための札は、寝台列車「ニコニコ超会議号」に乗った人や、超鉄道ブースにある「音楽館ブース」で配布された。1人10枚が持ち札で、札を入れた後、向谷さんが当たりくじを引く、という流れだ。

 今回の参加者は500人程度。買い付けショーは新幹線の車両基地を結ぶ形で開催された。あり得ないのだが、E1系と200系が連結されている……。「JR東日本、やりますね!」と向谷さん。

wk_kaitai03.jpg 左が向谷実さん、中央はおなじみホリプロ鉄ヲタマネージャーの南田裕介さん、右はSUPER BELL''Zの車掌DJこと野月貴弘さん
wk_kaitai04.jpg 昨年と同様に、現地での進行担当は音楽館の横尾真梨子さん
wk_kaitai05.jpg なんでE1系と200系が連結されてるですか?

 さて、最初のお品は運転席の椅子。送料込みでなんと2万5000円だ。「送料だけでも相当するはずなんですが、大丈夫なんでしょうかね」(南田さん)。今年も出血大サービスである。

 係の人がブース内を周り、2万5000円で買いたい、という人から札を集めていく。そして最後に向谷さんが当選者を決定。それにしても椅子、どこに置くんだろう……。固定しないとリクライニングが使えないから気をつけてね。

wk_kaitai06.jpg 「はい!2万5000円!欲しい人は番号札を入れてね!」
wk_kaitai07.jpg スタッフが番号札を回収して1つの箱に
wk_kaitai08.jpg 「はい!当選者は……」。番号が呼ばれたらその人に購入権が与えられる
wk_kaitai09.jpg 幸運にも購入できた人は、ステージ前にある精算スペースでお代をお支払い。現金のほかクレジットカードもOKだ

 去年も言われていたことだが、何にしても安い。一般的に鉄道商品を扱うショップであったら、その倍、下手すると10倍は取られるだろう……。このあとも補助椅子2万5000円が販売される。そして安いところでは非常灯3000円なんてのも。ちょっとお高い商品としては2列がけのグリーン座席(オットマン付き)5万円が用意されていた。

 E1系の部品としてはその後、ヘッドライト、車体にある銘板、タイフォン(警笛)と続き、最後に登場したのは「Max」と車体に書かれた部分を切り出すというもの。お値段は5万円でした。ほぼ、送料じゃね?

wk_kaitai10.jpg 非常灯は3000円とお求めやすく
wk_kaitai11.jpg グリーン(2列)は5万円
wk_kaitai12.jpg フットレストになるオットマンも付いてます
wk_kaitai13.jpg なんと落札したのは女性でした

 そして引き続き200系の買い付けに。運転室にある圧力計や電圧計、メガホンなんてのも登場した。

 そして圧巻だったのが、先頭車両にある“新幹線の鼻”である「光前頭」。こんなものまで売ってしまうとは。しかも5万円ですぜ。安すぎる。

wk_kaitai14.jpg 圧力計。1万円なり
wk_kaitai15.jpg 電圧計。1万円なり
wk_kaitai16.jpg メガホン。単1電池で動きます。3000円なり
wk_kaitai17.jpg 新幹線の鼻。5万円なり
wk_kaitai18.jpg 車両番号も当然ながら出ます。ちょっとお高いですが7万円なり
wk_kaitai19.jpg 乗務員室扉の窓も売っちゃいます。2万5000円です

 そして新幹線の解体ショーが終わり、全てのイベントが終わったかと思ったらサプライズ商品が。なんとEF81の銘板である。

 この商品だけは、いくらという価格を提示せず、オークション形式で販売されることに。10万円からスタートし、15万、20万、30万とあがり、最後にはなんと46万で落札された。

wk_kaitai20.jpg まさかこんなサプライズがあるとは! わたしも盛り上がったよ思わず
wk_kaitai21.jpg 落札した男性はなんと、即金で46万支払っていった……。テツ恐るべし

 お安くリーズナブルに鉄道商品が購入できる解体ショー。来年もやるのだろうが、いつかはわたしも大人買いをしてみたいものだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!