ニュース
» 2013年04月29日 10時07分 UPDATE

ニコニコ超会議2:「時代ですね。ニコ動というのは」 小林幸子さん、「火の鳥」巨大衣装で舞い降りた

ニコニコ超パーティIIのステージは感動的な雰囲気でした。

[ITmedia]

 「皆の者、盛り上がる準備はよろしいか。“せーの”と言ったらラスボスと叫ぶがよい!」――小林幸子さんが「ニコニコ超パーティII」に登場した。注目の衣装は、2006年のNHK紅白歌合戦でも披露した「火の鳥」だ。

 幕が開くと、巨大なスカートが目に飛び込んできた。さらにラスボスの掛け声の後、そのスカートがひるがえる。ええっと幸子さん……どこにいるの……っていたー! 顔の位置が数メートルくらいの高さにある。でかいとは聞いていたが、これほどとは。衣装というかもはや装置。この衣装は「ラスボス」っぽいものをイメージして選んだそうだ。

画像 ドアラを従えての登場です(Photo by 上飯坂一、後藤淳、内野秀之)

 その後は赤いドレスに着替え、15曲目に再登場。「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」のエンディングテーマ「風といっしょに」をしっとりと歌い上げた。「ペンライトのなかで歌うことは演歌の世界ではないので景色が違いました」――小林さんは、サイリウムが揺れる会場を新鮮な気持ちで眺めていたようだ。

画像

 小林さんがアマチュアのアーティストと同じ舞台に立つのは珍しい。ニコニコ育ちのアーティストに囲まれ、ある意味アウェイとも言えるライブだったが「お祭りですから楽しもうと。1つになっててすごい良いことですね」と、出番を終えて感想を語った。

 6月でデビュー50周年を迎える。今後は“小林幸子”ではなく“ラスボス”としてもCDを出してみたいと明かした。「時代ですね。ニコ動というのは」――ユーザーが創りあげていく音楽の新しいエンターテイメントの波は小林さんにも伝わっているようだった。

画像 赤いドレスも。紅組大トリって感じでした

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  6. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー