新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年04月30日 20時55分 UPDATE

SNS利用状況、GREE離れ顕著に MobageとGREE、どこで差が付いたのか……

ソーシャルゲーム全体の現参加者数は約1600万人と、昨年より約200万人増加。

[ITmedia]

 一般社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)がSNSおよびソーシャルゲームの利用状況について調査したところ、Mobageは前年に比べ利用者が増えているのに対し、GREEは減少に転じていることが分かった。

 調査は首都圏・京阪神・その他の地域に住む3〜79歳の一般生活者1159名を対象に、2013年の1月〜2月にかけ行ったもの。その結果、前年の調査時に比べ、Mobage(Yahoo! Mobage含む)の利用者は10.4%→11.6%へ増加している一方、GREEは10.2%→7.9%へと減少していることが分かったとのこと。また、mixiやAmebaなども含めたソーシャルゲーム全体の現参加者数は約1600万人と推計され、こちらは昨年の1385万人から200万人以上増えた形となった。

 CESAではこのほか、家庭用ゲームの現参加者数や保有ハード、ソフトごとの満足度などについて調査。詳しい調査結果については、4月30日発売の「2013CESA一般生活者調査報告書」(A4版、本文193ページ、6300円)の中にまとめられている。

画像 2013CESA一般生活者調査報告書

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー