ニュース
» 2013年05月04日 16時00分 UPDATE

アニメーションの表現力を再発見 東京藝術大学修了展2013

日本におけるアートの殿堂、東京藝術大学の大学院修了展にはバラエティに富んだ作品が展示されていた。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode




 東京藝術大学といえば、日本におけるアートの殿堂といえるだろう。次世代を担う才能たちが切磋琢磨して作品を仕上げていく学堂、さらにその大学院修了展と聞いて何を思い浮かべるだろうか。

 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の第四期生修了制作展が2013年3月8〜10日に横浜、3月16〜22日に東京で行われた。渋谷ユーロスペースの劇場ひとつを借りきって行なわれた本制作展では、暗転して静寂に包まれた場内で、修了生作品15点と院生一年目の作品7点が2時間にわたって上映された。

 オーソドックスなアニメーションスタイルの作品もあれば、クレイアニメや水彩画タッチの作品もあり、線画のみの抽象的な作品もありと、バラエティに富んだラインナップとなった。これがすべて同じアニメーション専攻の学生から生み出された作品なのかと疑ってしまうほど表現の幅が広く、1シーンの絵作りにこだわった作品作りを行なっている印象だった。

 「アニメーション」が秘めている力、「アニメーション」という技法の持つ表現力の豊かさ、その両方を一から考えさせられる、そんな展示会になった。

ah_tom1.jpgah_tom2.jpgah_tom3.jpg
ah_tom4.jpgah_tom5.jpgah_tom6.jpg
ah_tom7.jpgah_tom8.jpgah_tom9.jpg
ah_tom10.jpgah_tom11.jpgah_tom12.jpg
ah_tom13.jpgah_tom14.jpgah_tom15.jpg
ah_tom16.jpgah_tom17.jpgah_tom18.jpg
ah_tom19.jpgah_tom20.jpgah_tom21.jpg
ah_tom22.jpgah_tom23.jpgah_tom24.jpg
ah_tom25.jpgah_tom26.jpgah_tom27.jpg
ah_tom28.jpgah_tom29.jpgah_tom30.jpg

公式サイト

英文:Rediscover the Expressive Power of Animation: Tokyo University of the Arts Graduation Exhibit 2013

関連キーワード

芸術 | 大学 | 大学院


© 2017 Tokyo Otaku Mode Inc.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  5. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  6. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  7. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  8. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  9. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー