新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年05月07日 17時46分 UPDATE

3Dプリンタで銃を作ることに成功 設計データも公開

ほぼ3Dプリンタで作った銃での試射が成功しました。

[ねとらぼ]

 3Dプリンタで銃を作るプロジェクトDefense Distributedが、3Dプリンタによるプラスチックの銃の作成に成功しました。CADデータも公開しています。

 これまで一部の部品を3Dプリンタで作った銃の試射には成功していましたが、今回作成した小型拳銃Liberatorは、2つのパーツを除いて3Dプリンタで作っています。例外となっているのは撃針と、法律上必要な、金属探知機に反応するようにするためのパーツ。

ah_gun1.jpgah_gun2.jpg Liberator(Photo by Defense Distributed)

 試射に立ち会ったForbesの記者によれば、.380弾の試射は成功したものの、不発だったケースもあり、また5.7×28ライフルカートリッジでは銃が暴発したとのこと。

 3Dプリンタで印刷できるLiberatorのCADデータはDefense DistributedのWebサイトで公開されています。同団体は以前から3Dプリンターを使った銃のオープンソース開発を推進しており、銃規制派からは批判を受けています。

5月10日追記

 Defense Distributedは米国防総省の要請でLiberatorのCADデータを削除しました。武器の輸出規制に違反する恐れがあるというのが理由です。

関連キーワード

3D | プリンタ | 3Dプリンタ | CAD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事