ニュース
» 2013年05月15日 20時28分 UPDATE

方眼紙に書いたステージが動きだす! 魔法みたいなゲーム「Pixel Press」、Kickstarterで支援募集中

ステージを方眼紙に書くと、そのままゲーム画面にして遊べちゃう。

[ITmedia]

 方眼紙に書いた自作ステージを、iPadなどのカメラで取り込んで、横スクロールアクションゲームとしてプレイできちゃう。そんな遊び心が詰まったアプリ「Pixel Press」が、クラウドファンドサイト「Kickstarter」で支援を募っている。


画像 手書きの自作ステージを読み込んで、このようにゲームにできる

「Pixel Press」の遊び方は3ステップ。まずはプリントアウトした専用方眼紙に、ペンやエンピツでステージを書く。次にそれを専用のアプリで撮影してゲームに取り込む。最後は取り込んだステージにスキンや音楽を加えれば、たったこれだけでゲームの完成だ。作ったステージはほかのプレイヤーとシェアしあうこともできる。

画像

画像

画像

画像

 目標金額は10万ドル(約1020万円)で、Kickstarterでは6ドルから支援可能。10万ドル達成でひとまずiOS版をリリースし、さらに35万ドル(約3560万円)達成でAndroid版、Ouya版もリリース予定とのこと。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう