新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年05月20日 09時21分 UPDATE

モテ機 Vol.52:「SNSかまってちゃん女子」を見分け、適切に取り扱う方法

SNSで自意識の塊っぷりを発揮する「SNSかまってちゃん女子」。ときに過剰なアピールでイラッとさせる彼女らの特徴を知り、上手く扱う方を学ぼう。

[池田園子,ねとらぼ]
ah_mote.jpg

 前回の「SNSかまってちゃん男子」に続き、今回は「SNSかまってちゃん女子」の登場だ。周囲の人たちにかまってほしい願望が強い人、いわゆる「かまってちゃん女子Ver.」のことで、ネット上で全世界へ「アタシのこと見て・知って・何か言って!」と、“アタシ通信”を絶賛発信中だ。そんな「SNSかまってちゃん女子」の現状について、周囲の人たちに聞いてみた。


実例で紹介! SNSかまってちゃん女子たちの姿

 同性同士でも「あの女、かまってちゃんすぎでしょ(笑)? なんだろうねー」と、裏で悪口を言うというから恐ろしい。特に女同士の方が出る杭に厳しくもなる。Facebookは“見る専門”と話す、IT企業に勤務する27歳の女子は「毎日必ず誰かに撮ってもらった全身写真に、『今日のコーデは……』といちいち説明を付け加えて投稿している女がいる。おまえはタレントかよ、と心の中でつっこんでる」とばっさり斬る。「いいね!」はもちろん、「かわいいー!」「靴がオシャレ!」といった褒めコメントを大募集しているタイプの女子だ。「ねぇ、アタシのセンス、いいでしょ? ドヤッ!」的な圧力を感じてならない。こんな女子がタイムライン上にいたら厄介。

 メーカーに勤務する28歳の男子は、Twitter上でのかまってちゃん女子についてこう語る。「例えば『最初に近付きすぎたのかもしれない』と、おそらく恋愛が上手くいかないのを詩的ににおわせる女子がいる。しかも毎回夜中に意味深にぼそっとつぶやく」。ツイートの少ない時間帯を狙ってつぶやくことで、絡んでもらえる率も上がるけど……。面倒くさっ。

「SNSかまってちゃん女子」の見分け方

 最初に事例を見たところで、SNSかまってちゃん女子の特徴を見てみよう。男子へのリサーチと筆者自身の観察のなかで見えてきた、女子ならではのものをピックアップした。

(1)「太った」アピール

例:「やせなきゃ」「顔が丸い」

 たとえ太っていなくても「太ったこと」を強調し、かまってもらうことを望んでいる。彼女らが望む模範リプライは「○子は全然太ってないじゃーん?」「細いくせに!」「アンタがデブならアタシはどうなるのよ?」など。こういうコメントには光の速さで返信する。

(2)「人生の問題提起」アピール

例:「女の幸せって何だろうね」「仕事と結婚……女って大変よね」

 「女の人生への問題提起」を行い、「結婚したいよね」「分かるわー」など、共感のアクションを望んでいる。リプライだけではなく、ふぁぼやRTされても支持されたと喜ぶ。

(3)「恋人募集中」アピール

例:「抱き締めてくれる人がいない」「チューするとやさしい表情になるって聞いた」

 「現在恋人がいないこと」を強調し、かまってもらうことを望んでいる。彼女らが求める模範リプライは「えー、○子って彼氏いなかったっけ?」。こんなコメントには、過去の恋愛を140文字前後で、詳細に回答して自己満足に浸る。たまに気持ち悪いアカウントから「チューしてあげる」などとリプライされたら、速攻でブロック。

 これらはSNSかまってちゃん女子が持つ特徴の一部にすぎないが、この要素が垣間見えると「かまってほしい子なのね」と判断して問題ない。

どう取り扱うのがベスト?

 では、SNSかまってちゃん女子をどう取り扱うのが適切なのか。どうでもいい女子であればスルーすればいいが、「若干気になる〜こんなにかまってちゃんであろうとコイツが好きだ!」の範囲に該当するかまってちゃん女子であれば、やや慎重な扱いをする必要がある。実は、すべての投稿でリプライが求められているわけではない。ふぁぼや「いいね!」でひっそり「ちゃんと投稿を見ていますよ」といったアピールをするのが有効だ。

 例えば、知り合いに吉川ひなの似の美女ながら、結構面倒くさいSNSかまってちゃん女子がいるが、彼女曰く「ムダな絡みはいらないの。返しづらいリプライがきても困るだけ。それだったら『ふぁぼ』がいい」と話す。やれやれ、とんでもない女王様気取り……こんな女子を落とすのは大変そうだなと横目で見ながら(でも美人だから許されるみたい)、締めたいと思います。結論としてはTwitterだとふぁぼ、Facebookだと「いいね!」しておくと間違いはない。

 自意識の露出する場SNS。そこには必ず、SNSかまってちゃん女子が存在する。上記を参考に、適度にスルーし、適度に絡んでいっていただきたいと思う。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げた方法を実践したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。

関連キーワード

女子 | SNS | モテ機 | Facebook | Twitter | 恋愛 | モテ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー