ニュース
» 2013年05月27日 08時50分 UPDATE

クリエイターの卵たちが作品を発表! 日本最大規模の専門学校が卒業展を開催[1/3]

マンガ・アニメーションコース、ゲームクリエイターコースや声優コースなどを設けている日本工学院の卒業展には、学生が作ったものとは思えないクオリティーの作品が多数あった。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode
ah_tom1-1.jpg

 世界中で注目を集めている日本のアニメ・ゲームなどのオタクカルチャーだが、日本にそれらを専攻として扱った専門学校があることをご存知だろうか?

 日本工学院は、蒲田・八王子・北海道の3つのキャンパスを有し、クリエイターズカレッジやデザインカレッジ・ミュージックカレッジなど幅広い7つの専門分野を網羅する総合専門学校だ。特に、そのクリエイターズカレッジでは、マンガ・アニメーションコース、ゲームクリエイターコースや声優コースなど次世代のポップカルチャーを担う人材育成が積極的に行われている。

 今回はその卒業展に参加し、学校関係者の方々にインタビューの機会をいただけたので、その模様を3回に分けてレポートをお届けする。今記事では2月15日の卒業展の様子をお伝えする。(卒業展は2月15日(金)から17日(日)までの3日間行われた)

 まず参加してすぐに、その規模の大きさに圧倒された。卒業展でパシフィコ横浜を借りるという規模自体、非常に稀なケースだと思う。しかし毎年のように、卒業展を行っている同校、そこは慣れたものというべきだろう、展示場の大きなスペースを大胆に使った作品の数々は、とても学生が作ったものとは思えないクオリティーで、卒業後すぐにでも企業で即戦力として働けるのではないかと思わされた。

 それもそのはずで、同校は定期的に生徒たちの作品を一般の人達に見てもらえるための機会を定期的に作り、生徒たちはそれをモチベーションとして作品作りに没頭するという良いサイクルが生まれている。学校側は、ただ単に生徒の技術を向上させるためだけでなく、いかに仕事の現場で活躍できるかまで見据えて、こういった場を提供しているというのだからすごい話だ。生徒たちは知らず知らずのうちに、納期を意識するようになり、自然と社会に出た時の準備が出来ているというのだから、まさに即戦力の人材育成といえるだろう。

 そのハイクオリティの作品の数々については写真を見ていただければ明らかだろうが、驚いたことに、その中には海外からの留学生の作品も見受けられる。近年は留学生の数も増加中であり、その意欲は日本人学生に勝るとも劣らないようで、互いに良い刺激になっているとのことだった。今現在、日本のオタクカルチャーに興味を持っていて、将来、それを仕事にしたいと考えているなら、日本工学院はそのためのひとつの選択肢になるだろう。

 次の記事では同校のクリエイターカレッジ長佐藤充(さとう みのる)氏のインタビューをお伝えさせていただく。→クリエイターの卵たちが作品を発表! 日本最大規模の専門学校が卒業展を開催[2/3]

ah_tom1-2.jpgah_tom1-3.jpgah_tom1-4.jpg
ah_tom1-5.jpgah_tom1-6.jpgah_tom1-7.jpg
ah_tom1-8.jpgah_tom1-9.jpgah_tom1-10.jpg
ah_tom1-11.jpg

英文:Japan's Most Prominent Technical School Holds Graduation Exhibition [1/3]

関連キーワード

日本 | ゲーム | 学生 | アニメ | 海外 | 留学 | クリエイター


© 2017 Tokyo Otaku Mode Inc.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー