新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年05月28日 14時29分 UPDATE

アブダビで生まれた“中東初”のロボットアニメ「TORKAIZER」が話題 舞台は東京

日本のアニメから強い影響を受けているようで、せりふの一部は日本語。英語とアラビア語の字幕が表示されます。

[ITmedia]

 “中東初のアニメ”と銘打ったロボットアニメ「TORKAIZER」が話題になっています。アブダビのコンテンツ制作会社「Alter Ego Productions」による作品です。

 舞台は東京。主人公の青年・アフマドは、休暇中に訪れた日本で、侵略者「スペースモンスター」に遭遇します。危機に陥るなか巨大ロボット「TORKAIZER」を発見し、一致団結して地球を守るために動きだします。

 日本のアニメから強い影響を受けているのは間違いなく、ロボットのデザインは「鋼鉄の華」や「新世紀エヴァンゲリオン」っぽいです。舞台が日本なこともあり、ライバルやヒロインのセリフは日本語で、そこに英語とアラビア語の字幕が表示されるため、国際色豊かな感じになっています。

 「Alter Ego Productions」は、アニメとゲームに情熱を抱くメンバーからなり、2012年に誕生しました。予告編はドバイのイベント「MEFCC 2013」で上映され、好評を博したそうです。現在は本格的な製作へむけて資金を集めているとのこと。続報を期待して待ちたいですね。

画像 舞台は東京
画像 ロボットバトル勃発
画像 ヒロイン(?)は日本語を話す
画像 トルカイザー!!
画像 登場
画像 タイトルロゴ
画像 可能性がゼロじゃなければ、希望はある

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー