新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年05月29日 15時28分 UPDATE

パズドラ好きが集まるウワサの酒場「パズドラバー」に潜入してきた

伝説の大地は意外と近くにありました。

[ITmedia]

 「パズル&ドラゴンズ」ファンの間でひそかに「パズドラバー」と呼ばれているお店があるという。聞けばマスターがランク300オーバーの猛者で、パズドラの生みの親・山本大介プロデューサーも来店したことがあるのだとか。そんなお店があるのか! とびっくりしていたら、近所に住む知人からTwitterで「行こう行こう! いまから行く?」と誘われてしまった。ええ、ええええ!?



画像画像 見た目はオシャレな普通のバー。ホントにここがパズドラバー?

 ウワサのパズドラバーは、JR大塚駅から徒歩3分の「bar corazon(バー コラソン)」というお店だった。パズドラバーと言っても、店内はこじゃれた普通のバーで、特にゲームの音楽が流れていたり、パズドラグッズが置かれていたりするわけでもない。ただ普通のお店とちょっと違うのは、カウンターのお客さんが1列全員パズドラで遊んでいるところだ。やばい、パズドラバーほんとに実在してた!

画像 一見普通のバーに見えるが……

画像 みんなパズドラやってる!

 ウワサのマスター、網谷洋助さんにお話を聞いた。ちなみに月の課金額は5000円〜1万円ほど。現在のランクは355だそうだ。

「最初は僕が趣味で遊んでただけなんです。そしたらだんだん常連のお客さんも『何やってるの?』って興味を持つようになって……」

 もともと「探検ドリランド」などのソーシャルゲームはプレイしていて、パズドラもリリース当初から遊んでいた。ただ、お客さんに聞かれた時は「(ハマるから)やらない方がいいよ」と答えていたそうだ。

画像 代表の網谷洋助さん。この日はお休みだったが、イベントということでちょうど顔を出していた

 この日はちょうど、エヴァコラボ初日&新降臨ダンジョン「ゼウス・ディオス」の解禁日とあって、月曜にもかかわらず店内は満席。常連同士で連絡を取り合うためのLINEグループがあり、こうしたイベントの日には自然に人が集まるという。

 まわりを見渡してみると、さっそく新ダンジョンに潜っている人、互いにモンスターBOXを見せ合っている人、その場でエヴァコラボガチャを引いて盛り上がっている人など、楽しみ方は人それぞれのようだ。ガチャでレアモンスターを引き当てたのか、それとも新ダンジョンをクリアしたのか、ときおりあちこちでワッと大きな歓声があがる。いつもは1人でちまちまと遊んでいるので、なんだか不思議な光景だ。

画像 真剣な表情

画像 目の前でちょうどコラボガチャ回し中

画像 引いたばかりのシンジ君やカヲル君を見せ合ったり

「ゼウス・ディオスもう行きました?」

 とマスターに尋ねると、まだほんの1時間前に実装されたばかりなのに、バッチリ覚醒(進化)まで済んでいるゼウス・ディオスを見せてくれた。おおお、さすがはランク355! いま来たばかりのお客さんが残念そうに、「もう取っちゃったの! お酒注文するからもう1回ゼウス戦見せてよ!」とせがんでいるのが面白かった。

画像 せっかくなのでエヴァコラボダンジョンに潜ってみてもらった

画像 「見られると緊張しますね(笑)」と言いつつ、さくっと地獄級クリア。さすが!

 メニューはパスタやピザなどイタリアンが中心。この手のお店では珍しく、テーブルチャージなしで気軽に飲めるのも嬉しい。今度はITmediaパズドラ部のメンバーを誘って、ぜひまた来てみたいと思う。

画像 重ねて言いますが、店内はごく普通のオシャレなバーです

画像 山本プロデューサーのサインも

画像 楽しすぎて食べ物や飲み物の写真をまったく押さえてなかったことに気付いた……

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー