新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年05月31日 16時18分 UPDATE

京都府「アニメとかの聖地に補助金出すよー」 京都の新たな町おこし支援

京都府で「映画・マンガ・アニメ聖地活用事業補助金」の取り組みがスタート。

[ねとらぼ]

 アニメの熱心なファンの間では、作品に関連する実在の舞台を「聖地」と捉えて観光する「聖地巡り」が行われます。こうしたファンの巡礼を地域活性化につなげる取り組みは、町おこしならぬ“萌えおこし”といった俗称で、自治体などから注目されるようになってきました。そんな中、京都府が府内の団体や企業に対し、「映画・マンガ・アニメ聖地活用事業補助金」を出すことになりました。これは聖地巡りが捗りそうだ……!

photo 募集中なのだ

 補助金の対象となる「聖地」は、(1)作品のモデルとなった場所、(2)作中に舞台として登場した実在の場所、(3)地名及び建物の名称等が変更されているものの、モデルと推定できる場所、(4)作品等の登場人物ゆかりの地、(4)映像作品の撮影場所(ロケ地)――のいずれかの場所。申請が通れば、補助対象経費の2分の1かつ150万円以内までの資金を、京都府が援助してくれます。

 聖地の町おこしといえば、最近だとアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台である茨城県大洗町が気合の入った萌えおこしを展開し話題です。京都でもこうした盛り上がりが出てくるのでしょうか。また、今回の補助金対象はアニメや萌えだけではありませんので、実写映画とのコラボといった幅広いケースが考えられます。京都の風情を生かした町おこしにつながることを期待しましょう!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事