新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年06月10日 19時20分 UPDATE

10万年後、人類はアニメ顔になっている?

アーティストと学者の予想がすごい。

[ねとらぼ]

 10万年後の人類はいったいどんな姿をしているのか――アーティストと科学者による予想がなかなか不気味です。

 アーティストのNikolay Lamm氏と、ワシントン大学の計算ゲノム学者Alan Kwan氏が予想する未来の人類は、漫画やアニメのキャラのように目が大きな顔になっています。

ah_human.jpg Nikolay Lamm氏のブログ

 両氏は、人類が遺伝子工学によって、ニーズに応じて生態や進化を操る未来を想像しています。このころの人類はコミュニケーション機能付きのコンタクトレンズや埋め込み型の小型の骨伝導デバイスを活用しているだろう、とも。

 未来の人類は脳が大きくなって額がやや広くなっています。宇宙コロニーへの移住の結果、太陽や地球から遠くて暗いコロニーの環境に対応して目が大きくなり、有害な紫外線のダメージを軽減するために肌の色素も濃くなります。無重力・低重力状態では視覚で上下を判断しづらいため、視覚の混乱を和らげるためにまぶたが厚くなったり、眉弓(目の上)が張り出すともKwan氏は説明しています。

 結果、10万年後の人類の顔はくっきりした輪郭にまっすぐな鼻、大きな目、左右対称のパーツ配置と、人間が魅力的と思う特徴に偏ることに。宇宙線から目を守るために、半月ヒダ(退化した瞬膜(鳥などが持つ第3のまぶた)の名残)が再び機能するようになるとの予測も述べています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー