新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年06月12日 12時00分 UPDATE

きっかけはタモリ! ハイサワー恒例の「倉庫飲み」は酒飲みたちのパラダイスだった しかも無料!

「タモリ倶楽部」の企画をきっかけに、博水社が年2〜3回のペースで開催しているという「倉庫飲み」イベント。スルーできるわけがないし、行かない理由もない。

[寺西ジャジューカ,ねとらぼ]

 「わ・る・な・らハイサワー♪」でおなじみの博水社が、去る6月9日に「倉庫飲み」を開催した。

 2009年にスタートし、今回で8回目を迎える恒例企画。同社が日ごろからお世話になっている人や、地元・武蔵小山で生活している人に声をかけ、博水社の倉庫内で飲めや食えやでワイワイする……といったパラダイスが出現しているらしく。しかも、参加費は無料!

 あまりにもな太っ腹な企画だが、きっかけはタモリだった。

「『ハイサワーで有名な博水社の宴会に突入!』という内容で、タモリ倶楽部さんがウチを取り上げてくれたんです。その時は、実際にこの倉庫でタモリさんや井筒(和幸)監督たちと6時間飲み続けました」(博水社・田中社長)

画像 会場で流れていた「タモリ倶楽部」放送時の映像。ハイサワーを目の前にいい調子になるタモさんと、博水社・田中秀子社長によるツーショット

 30分番組のロケなのに、6時間! 趣味と実益を兼ねたこの回では、同社オススメの割り方も実践。タモさんは、ウイスキーを「ハイサワー梅」で割った飲み方を好んでいたという。


この日のために、倉庫をイベント仕様に

 この放送以来、博水社恒例のイベントとなった「倉庫飲み」。今回は開始時間を午前11時に設定しており、真っ昼間から多くの方がお酒を求めて同社倉庫に姿を現している。雲ひとつないこの日の天候も相まって、その開放感はハンパない。

画像 博水社の倉庫に到着寸前。この風景が“飲んべえ欲”を駆り立てる

画像 倉庫に到着。手前にあるのは、田中社長考案の移動販売車だ

 今回は50人弱のお酒好きが参加しているが、倉庫内の様子を見て一安心。どう考えても50人では飲みきれない量のハイサワーが、そこには控えていた。

画像 あっちにも

画像 こっちにも

画像 そっちにもハイサワー

 もちろん今回のイベントのために、倉庫内はスッキリと整理。スペースを空け、演出として移動販売車も展示されている。

画像 倉庫内にも、移動販売車を

画像 手前にあるハイサワーたちもまぶしいが、奥に貼ってあるお尻ポスターもまぶしい

画像 「わ・る・な・らハイサワー♪」のちょうちんも


真っ昼間からハイスパート

 そんなこんなで、もう待ち切れない。そろそろ、乾杯といきましょうか。カンパーイ!

画像 真っ昼間に、乾杯! 右は田中社長で、真ん中は「倉庫飲み」をプロデュースしているテリー植田氏

 ここからはもう、飲んべえの世界に突入。そのドンチャン騒ぎの様子を、ご覧ください。

画像 まだ、正午前です

画像 飲むし、食う!

画像 全部、割っちまえ!(違う意味で)

画像 博水社の社員さんが腕をふるった絶品料理たち。春巻き、おでん、ポテトサラダ、ニラ卵、アップルパイなどが45人前用意されていたが、1時間後にはほぼなくなっていた

画像 ゴクゴク行く。野球のユニフォーム姿が、日曜の昼間っぽい

画像 キンミヤ焼酎の“焼酎アドバイザー”伊藤盛男氏。この日は、焼酎を凍らせてシャーベット状にした「シャリキン」を冷凍庫ごと提供してくれた

画像 これが「シャリキン」。グラスに開けてハイサワーで割ると、夏っぽくて最高だ

画像 女子大生2人組も。この子たちのまわりは異様に人口密度が高かった

画像 プロデューサーのテリー植田氏。仕切りながらも飲む

画像 お酌して回る田中社長。カメラ目線もバッチリだが、すでに顔が赤い

画像 皆、かなり酔いが回っている。昼間なのに

 倉庫内をグルグル回っていると、明らかにただものではないオーラの大男を発見。……元プロレスラーの木村健悟さんだ!! 現在は品川区議会議員を務める木村さんは、田中社長のご友人でもあるらしい。義理堅さとお酒好きの性分を隠し切れず、この日は姿を見せてくれた。

画像 イナヅマ!

画像 イナヅマ!!

画像 イナヅマ!!!

画像 イナヅマ!!!!!!!!!!!


博水社、オススメの割り方

 いいかげん、撮ってるだけじゃガマンできなくなってきた。そこで、正気を保てる“オススメの割り方”を教わり、それをいただきました。

 用意するのは、リキュール「ピーチツリー」(キリンビール)と「ハイサワー梅」。比率としては、1:3が目安だ。ゴクッと飲むと……う〜ん、甘くておいしい! 田中社長もお気に入りの、女性にも飲みやすい一品である。

画像 「ピーチツリー」を投入

画像 「ハイサワー梅」で割る。1:3だ

画像 “梅サワー”の出来上がり!

 でも、もっとディープなお酒を飲みたいという方はコチラ。なんと、泡盛をハイサワーで割るとイイらしいのです。

「『クセがあって飲みにくい』というイメージを持たれがちなのが、泡盛というお酒です。また沖縄県内でも若者の間で“泡盛離れ”がはじまっているので、まずこの飲み方を試していただきたいんですね」(田中社長)

 比率は1:3(アルコール度数によっては1:4)。今回は「島唄」という25度の泡盛を注ぎ、そこに「ハイサワーレモン」を注いで、完成!

画像 泡盛「島唄」を注ぐ

画像 そこに、「ハイサワーレモン」を注いじゃう!

画像 泡盛のハイサワー割り!

 じゃあ、これもいただいちゃいましょうか! ……ンマイッ!! で、飲みやすい!!!! 鼻から抜けるテイストは明らかに泡盛なのだけど、フルーティなみずみずしさも口の中で並走している。それでいて、喧嘩していない。これなら、お土産として不意に泡盛を受け取ったとしても安心です。


“利きハイサワー”コーナーと、「ハイサワーマン」登場のサプライズ

 当日はさまざまな企画も行われている。中でも興味深かったのは、“利きハイサワー”なるコーナーだ。

「他のメーカーさんのもの2つとウチのレモンハイサワーを飲んでいただき、どれが博水社のハイサワーかを選んでもらいます。ウチのは果汁が一際高いので、飲めばすぐ分かると思います!」(田中社長)

 後に引けない待ったなしの3択クイズには飛び入りのカップルが挑戦し、結果は彼女さんの方だけが正解!

画像 じっくり味わっているが、男性の方は間違えてしまった

「それぞれ、甘みがハッキリと違いました。一番甘くなくて、レモンそのまんまなのが博水社のハイサワーでしたね!」(正解した女性)

 一方、外れてしまった男性の方には罰ゲームを。社長に思い切りハリセンで叩かれてしまったが、もはや無礼講である。

画像 田中社長の渾身の表情を見よ。間違えてはいけない

 ……とほっこりしているタイミングに、妙なヒーローが現れた。その名は「ハイサワーマン」と言い、銃口を辺り構わず向けまくる物騒な性格をしていた。が、そのコスチュームも相まって、どこか憎めない愛らしさがある。

画像 こちらを威嚇するハイサワーマン

画像 両手に花のハイサワーマン


年に2〜3回開催される「倉庫飲み」

 気が付くと私も完全にへべれけ状態になってしまいましたが、時計の針は午後3時を指している。とうとう「倉庫飲み」も閉幕のお時間ですかね!

画像 この何倍も飲んでいる

 帰りにはお土産として、ハイサワー缶やハイサワーTシャツ、「シャリキン」入りの豪華な紙袋も持たせてもらいました。参加費無料なのに!

画像 恐縮するほどの至れり尽くせりっぷり

 この「倉庫飲み」は年2〜3回(主に6月と秋)ペースで開催されるとのことなので、縁があればもう一度参加したい。もちろん、仕事抜きで!

画像 移動販売車が見送ってくれた

画像 また、来たい!

関連キーワード

タモリ | イベント | 焼酎 | 〜放題


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー