ニュース
» 2013年06月16日 14時00分 UPDATE

これなら科学に興味シンシン? サイエンスミュージアムの工夫たっぷり広告

ホッケーマスク男に後ろ半分のない車――カナダのサイエンスミュージアムの広告がとってもユニーク。

[ねとらぼ]

 子どもに科学に興味を持ってもらおうと工夫をこらしたカナダのサイエンスミュージアムの広告が面白いです。

ah_ads1.jpg 1日分のおならで風船が1個ふくらむ

 風船に書かれた「1日分のおならで風船が1個ふくらむ」という文字、ホラー映画に出てきそうなホッケーマスクの男が「怖がってるときのほうがものがよく見える」と書かれたボードを持った写真、看板にブラックライトを当てると現れる「ネコのおしっこはブラックサイトで光る」という文字――そうした興味をひく絵の入った看板に、「私たちは説明できます」というメッセージが入っています。

ah_ads2.jpg 怖がってるときのほうがものがよく見える
ah_ads3.jpg ネコのおしっこはブラックサイトで光る

 恐竜展を開催した時には、後ろ半分がない車に「Tレックスの噛む力は6000ポンド(2700キロ)」という看板をつけて走らせるCMを制作。Tレックスに車がかじられた、ということなのでしょう。すごい力だということがよく分かります。

 ユニークな広告の数々はサイエンスミュージアムのPinterestWebサイトで見ることができます。こんな広告を見たら、ミュージアムに行ってみたくなりますよね。

関連キーワード

科学 | 広告 | 博物館


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう