ニュース
» 2013年06月18日 08時50分 UPDATE

人との交流が不安な人向け CGキャラと会話を練習するソフトをMITが開発

CGを相手に、面接の練習などができる。

[ねとらぼ]

 社交不安障害のように人との交流に不安を感じるという人向けに、CGと話すコミュニケーション練習ソフト「MACH(My Automated Conversation coacH)」を米マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生が開発している。

 このソフトは就職面接や初めてのデートなどのシチュエーションでの不安が軽くなるよう、対人コミュニケーションを練習する手助けをするもの。普通のノートPCで利用でき、ユーザーは画面のCGのキャラクターと会話する。MACHはWebカメラでユーザーの表情や動きを監視し、マイクでユーザーの記録し、CGキャラはユーザーの話や動きに反応して、笑ったりうなずいたり、質問したりできる。

ah_mit.jpg

 MACHはユーザーの笑顔や頭の動き、声の大きさや話す速度などを解析し、ユーザーにフィードバックする。「人間ではないため、ソフトを通じてなら厳しい真実も言いやすい」と開発者のEhsan Hoqueさんは語る。

 社交不安障害の人の多くは「自分の環境で社会的交流の練習ができる自動的なシステム」を求めており、交流のペースをコントロールして、好きなだけ練習がしたいと思っているとも彼は言う。

 MITではMACHのテストのために、MITの学生により模擬面接を行った。学生は「ビデオでアドバイスを受けるだけ」「MACHで練習するけれどフィードバックはなし」「MACHで練習してフィードバックを受ける」の3グループに分けられ、3番目のグループの学生はほかのグループと比べ、キャリアカウンセラーの評価が高かったという。

 MACHははじめは就職面接に特化しているが、このソフトで練習すればほかの社交の場面でも役立つだろうとHoqueさんは話している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー