新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年06月19日 18時45分 UPDATE

東京ディズニーランドのシンデレラ城でプロジェクションマッピング

2014年に、シンデレラ城で映像ショー「ワンス・アポン・ア・タイム」を行う。

[ねとらぼ]

 東京ディズニーランドは2014年春〜夏に、シンデレラ城でプロジェクションマッピング技術を使った映像ショー「ワンス・アポン・ア・タイム」を行う。

 プロジェクションマッピングは、映像を建物等の形状にあわせて映像を投影することで立体的に表現する技術。東京ディズニーリゾートのエンターテイメントプログラムでは初めての導入となる。

 「ワンス・アポン・ア・タイム」では、「美女と野獣」「シンデレラ」「不思議の国のアリス」などのディズニー映画のストーリーを映像投影や音楽、パイロ(ステージ用の花火)などの特殊効果で表現する。公演時間は約15分。投資額はおよそ20億円に上る予定。

 東京ディズニーシーでは2015年春に、アトラクション「マーメイドラグーンシアター」をリニューアルし、「リトルマーメイド」の新しいミュージカルショーを導入する。ステージや照明などの舞台装置を一新し、客席の後方に新たにスクリーンも設置する。現在公演している「アンダー・ザ・シー」は2014年4月6日で終了し、マーメイドラグーンシアターは翌7日から2015年春まで閉鎖する。またデイタイム・ハーバーショー「レジェンド・オブ・ミシカ」を2014年9月7日で終了する。

ah_disney.jpg ショーのイメージ(c)ディズニー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー