ニュース
» 2013年06月19日 18時50分 UPDATE

マンマミーヤ! 荒木飛呂彦原画展、イタリアのフィレンツェで開催

会場は一般公開していないグッチ所有の歴史的建造物で。

[ねとらぼ]
画像

 6月28日よりイタリアのフィレンツェにおいて荒木飛呂彦先生の原画展「HIROHIKO ARAKI AN EXCLUSIVE MANGA EXHIBITION」IN FLORENCEが開催される。

 2012年に仙台と東京で開催された「ジョジョ展」に続く第3弾。一般公開されていないグッチ所有の15世紀の歴史的建造物で、ブランド創設当初は工房としても使われていた場所が会場となる。

 東京や仙台で並んだもの以外にも、今年1月から2月にかけて全世界のグッチ直営ショップのウィンドウを飾った描き下ろしのカラー原画など、近作を中心に約60点の作品が展示される。

 2011年8月に月刊誌「SPUR」(集英社)で発表された「岸辺露伴 グッチへ行く」に端を発した、グッチと荒木飛呂彦先生のコラボレートが開催の決め手となった。入場は無料。問題は渡航費か……。ぜひ東京でも実施された「リモートロマンス」(※)を今回もお願いしたいところ。

※「リモートロマンス」とは:荒木飛呂彦氏監修のもと制作された遠隔操作型スタンド。ユーザーがGoogle+のビデオチャット機能「ハングアウト」を通じて、リモートロマンスを自由に遠隔操作し、自ら会場内を移動させ原画を鑑賞することもできるサービス。
  • 展覧会名:「HIROHIKO ARAKI AN EXCLUSIVE MANGA EXHIBITION」IN FLORENCE
  • 主催:グッチ
  • 期間:2013年6月28日〜7月14日
  • 会場:GUCCI(7 Via Delle Caldaie,Firenze Italy)
  • 開館時間:午前10時〜午後8時(会期中休館日なし)
  • 入場料:無料
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう