ニュース
» 2013年06月26日 20時15分 UPDATE

ニコニコ町会議、今年は「あまちゃん」ロケ地の岩手など8カ所で 観光庁が後援

「たねいちウニまつり」とコラボする岩手県洋野町の水上町長は「大津波に耐えた日本一のウニを食べに来て」とニコファーレでアピール。

[ねとらぼ]

 ドワンゴは、日本各地の祭りと連携して行うニコニコ超会議の出張版イベント「ニコニコ町会議 全国ツアー2013」を7月14日〜9月16日にかけて全国8カ所で開催する。昨年はスポンサーを付けずにドワンゴ単独で開催していたが、今年は観光庁が町会議を後援。トヨタ自動車、ローソンなど4社が協賛として名を連ねる。

画像

 イベントのテーマは「この町に、仲間が集まる」。ユーザーや地元の人が祭りをきっかけに集まり、仲良くなるというイメージだ。会場では「ゲーム実況」や「歌ってみた」などニコニコの人気コンテンツが楽しめる一方で、地域ごとに特色ある屋台や名産品をアピールする企画を実施。各地の魅力を発信する。

 オリジナルの「ニコニコ盆踊り」も現在製作中。祭りのフィナーレは、会場中央に設置したやぐらを囲んでの盆踊りで盛り上げていく。前回同様、現地にはライブ配信カメラ付きのミニ神社を備え、来場者とネット視聴者がコミュニケーションできる仕掛けも用意している。

 開催地は応募があった400以上の市町村から地域ごとのバランスや日程を考慮した上で決定した。6月26日に開催されたニコニコ町会議の発表会でドワンゴの川上量生会長は「できるだけ寂れている所を中心に選んだ」と冗談っぽく語ったが、実際には観光地としての有名無名に関係なくユーザーによるアツい推薦などが決め手となっている。

画像 ドワンゴの夏野剛取締役(左)と川上会長(右)も浴衣姿でプレゼン

 開催スケジュールと連携する各地の祭りは次の通り。1カ所目の岩手県洋野町は、最近ではドラマ「あまちゃん」のロケ地の1つとして知られ、達増拓也県知事が「岩手でやって欲しい」とツイートしたことがきっかけで実現した。またファイナルはドワンゴと東京都檜原村がタッグを組んで「ニコニコ檜原祭り」と名付けたイベントを作り上げていく。

  • 7月14日 岩手県洋野町「たねいちウニまつり」
  • 7月27日 香川県琴平町「こんぴら夏まつり」
  • 8月4日 鹿児島県さつま町「さつま町夏まつり」
  • 8月10日 島根県出雲市平田町「平田まつり」
  • 8月15日 山形県高畠町「たかはた夏まつり」
  • 8月31日 山口県下関市豊北町「豊北夏まつり」
  • 9月7日 北海道室蘭市海岸町「スワンフェスタ2013」
  • 9月16日 東京都檜原村「ニコニコ檜原祭り」

 発表会のステージには各祭りの担当者も集結。洋野町の水上信宏町長が「大津波に耐えた日本一のウニを食べに是非お越しください」と緊張気味に語ったり、平田まつりの担当者が「まっちょ〜よ〜」とお国言葉で呼びかけると、会場のニコニコユーザーから温かい拍手が起こっていた。

画像

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー