ニュース
» 2013年06月28日 10時46分 UPDATE

Google、軍艦島のストリートビュー公開 立ち入り禁止エリアも撮影、長崎市が協力

無人となった集合住宅内も見ることができる。

[ITmedia]

 Googleは6月28日、長崎市の端島(通称:軍艦島)のストリートビューを公開した。長崎市の協力を得て、立ち入り禁止エリアを含めた島全体を撮影した。

画像

 撮影にはバックパック型の撮影機材トレッカーを使い、約2時間程度島内を歩いて撮影したという。また無人となった集合住宅内は「おみせフォト」の機材で撮影しており、白黒テレビやソーダ瓶といった日用品が残っている様子をとらえている。

 端島は長崎港から19キロの海上にある半人工島。1870年から炭鉱開発が始まり、最盛期には5000人以上が暮らしたが、1974年の閉山とともに無人島となった。現在は島の一部について上陸が認められている。最近では映画「007 スカイフォール」のデッドシティのモデルとしても使われた。


大きな地図で見る
大きな地図で見る

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー