新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年07月01日 16時10分 UPDATE

「行動が監視されてる感じが嫌」――日立の「Suica履歴情報販売」に批判の声

履歴情報は「個人情報を含まない形で提供」となっていますが……。

[ITmedia]

 日立製作所が「Suica」の履歴情報をマーケティング情報として企業に提供するサービスを7月1日より開始すると発表。これに対してネット上で批判の声が多数あがっており、NAVERまとめにもまとめられています

画像 NAVERまとめ「気持ち悪い…批判殺到!日立が「Suica履歴」をビッグデータとして活用開始」

 このサービスは、Suicaに記録される乗降履歴や利用時間、利用者の年齢性別などのデータを分析し、駅周辺でのマーケティングに役立つリポートを企業に提供するというもの。日立への履歴情報の提供は、JR東日本から「個人情報を含まない形で提供されている」としています。

画像 JR東日本から提供されたデータを日立のビッグデータ解析技術で分析

 これに対しネット上では、「行動が監視されてる感じがちょっと嫌」「気持ち悪い。何だか嫌だ」と不快感を覚える人の声が多数。また、Suicaの履歴からはその駅周辺の「居住者」「訪問者」といったデータも詳細に分析可能で、「住所氏名がないだけで、立派な個人情報ではないか?」といった声や、「私は自分のSuica利用履歴を、JRが第三者に開示することに同意した覚えはない」と規約の不明瞭さを指摘するものなど、批判・疑問の声が多くあがっています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー