新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年07月05日 13時37分 UPDATE

リアルすぎだろ…… 本物の廃屋を使ったお化け屋敷“婆医のハザード”オープン

霊感の強い方はご注意ください。

[ねとらぼ]

 実在の廃屋を使用したお化け屋敷「リアル廃墟お化け屋敷‐婆医のハザード‐BAINOHAZARD」が、7月20日から9月15日まで新潟県十日町市高田町コモ通りにオープンする。

画像 なんかダジャレもはいっているけど……これは怖い

 お化け屋敷は、商店街にあるいわくつきの閉鎖物件だった元調剤薬局の店舗兼住宅をそのままセットに使用している。「廃屋に老婆医が立てこもり、謎の奇病をわずらった少女に不当な薬を飲ませ続けている」という設定で、入場者は老婆がいない隙に少女に正しい薬を飲ませるため、廃屋に潜入するという内容だ。

画像画像 お化け屋敷内のイメージ画像

 プロデュースしたのは、映画・ドラマ「リアル鬼ごっこ」で“鬼マスク”など特殊造形・特殊メイクを担当し、さまざまなコンテンツをお化け屋敷として手がけてきたホラーアトラクションプロデューサーのMICHAELTYさん。数々の候補物件を視察していく中で今回の廃屋を見つけ、管理者に反対されながらもお化け屋敷として公開するに至ったという。

 開催時間は、「戦慄の午後」が午前11時から午後5時30まで、「超戦慄の夜」が午後6時から午後8時まで。昼と夜では起きる現象が変化する。料金は大人1000円。

 リアル廃墟お化け屋敷は、イベント「コモ通りホラー商店街2013」の一環。ほかにも「【特殊捜査コース】商店街全体がアトラクションに!〜お化け屋敷を最終攻略するミッション」など連動イベントを展開する予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー