ニュース
» 2013年07月09日 20時08分 UPDATE

日々是遊戯:「マジコン訴訟」でソフトメーカー勝訴 販売業者らに約1億円の損害賠償命じる

ソフトメーカー側の主張が全面的に認められた形。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 ニンテンドーDS用「マジコン」の販売をめぐり、任天堂らソフトメーカー49社が販売業者を提訴していた件で、東京地方裁判所は7月9日、販売業者らにマジコンの輸入販売行為の差し止めと損害賠償金9562万5000円の支払いを命じる判決を下した。

画像 任天堂のプレスリリース

 マジコンについては2011年12月の改正不正競争防止法で違法認定され輸入禁止対象となっていたが、今回の裁判は「その違法性だけでなく、マジコンが正規ゲームソフトの販売に与えた損害に対する輸入販売業者らの賠償責任をも肯定した」(任天堂のプレスリリースより)点で、ゲーム業界にとって重要な判決となった。

 通常、ニンテンドーDSなどのゲーム機では、コピーソフトが動かないようにするためのプロテクトをかけているが、マジコンを使うとこれを回避することができ、「違法ダウンロードや不正コピーの温床になっている」として問題視されていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー