新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年07月10日 14時58分 UPDATE

車両がお好み焼き屋や冷麺屋に 広島のラッピング列車「まんぷく宝しま号」が変わっていると話題に

お好み焼き屋・スイーツ店・冷麺屋・酒蔵が連結して走るような、ド派手なデザイン。

[ねとらぼ]

 広島県を中心に走るJR西日本のラッピング列車「まんぷく宝しま号」が、広島グルメの店を描いた変わったデザインで話題を集めています。

画像 先頭から見た「まんぷく宝しま号」

 まんぷく宝しま号はJR西日本と広島県、広島の観光業者らによる観光PRキャンペーン「広島県デスティネーションキャンペーン」の事業の1つ。JR山陽本線(下関〜三石駅間)、呉線、可部線で7月6日から9月30日までの期間限定で運行される、4両1編成のラッピング列車です。

画像 左がスイーツ店の車両、右がお好み焼き屋の車両

 デザインは「広島の食」をテーマに、お好み焼き屋・スイーツ店・冷麺屋・酒蔵それぞれの外観を1車両ごとにあしらったもの。例えばお好み焼き屋の車両には、車両ドアに木造の引き戸、ドア上部に「お好み焼」の文字が入ったのれん、ドアの横にメニュー看板やキャベツの入ったケースなどが描かれ、お店を再現したデザインになっています。

 再現度の高さや、飲食店が4店舗並んで走るにぎやかなデザインに、「広島すげぇ」「派手とは聞いてたけど、これは想像以上や……」とネットでは驚きの声が。車両の画像を集めたまとめもNAVERまとめで作られています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー