ニュース
» 2013年07月17日 14時50分 UPDATE

今夏「ゲリラ雷雨」が昨年比で全国平均3.5倍増の見込み 九州・四国・東北では5倍増

我々は無力です。

[ねとらぼ]

 突発的かつ局地的に大雨や雷をもたらす「ゲリラ雷雨」。ウェザーニューズは7月〜9月におけるゲリラ雷雨の発生が、昨年比で全国平均3.5倍増の見込みだと発表した。特に九州・四国・東北では昨年比で5倍増の予想も。

 ゲリラ雷雨は、大気の状態が不安定な時に地上付近での局地的な加熱や、地上風の収束などによって上昇気流が発生し、そこで積乱雲が急発達することによって発生する。7月下旬〜8月はじめにかけては高気圧が強まる予想で、ゲリラ雷雨が発生しにくくなりそうだが、8月上旬〜中旬は再び発生数が多くなるとの予想だ。8月下旬〜9月前半は高気圧が強まり厳しい残暑となり、発生数はいったん少なくなるとのこと。

画像

 道路の冠水や浸水被害、落雷被害などが発生する可能性があるため、注意を呼びかけている。

画像

関連キーワード

ゲリラ雷雨 | ウェザーニューズ | 不安


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー