新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年07月18日 11時58分 UPDATE

作家が即売会の同人誌を認める「同人マーク」 赤松健さんや少年マガジンが運用へ

赤松さんの新連載からマークを順次適用。これに先駆け、マークのデザインを募集中です。

[ねとらぼ]
photo NPO法人コモンスフィアによる発表(一部抜粋)

 作家が二次創作同人誌を認める意思表示のマーク「同人マーク(仮)」を、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンの活動母体であるNPO法人コモンスフィアが発表し、マークのデザイン案を7月28日まで募集しています。同プロジェクトには、漫画家の赤松健さんや、講談社週刊少年マガジン編集長の菅原喜一郎さんも参画。完成したマークは2013年晩夏に少年マガジンでスタートする赤松さんの新連載から順次利用する予定です。

 著作権の意思表示ツールとしてはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスが広く使われていますが、「日本のいわゆる同人文化の求めているツールとは違うのでは、という指摘がある」といいます。日本がTPP(環太平洋連携協定)に参加し、著作権侵害が非親告罪化される可能性もある中で、ファンが同人誌を安心して製作・販売できるように今回のマークが構想されました。なお、マークの利用はあくまで作家側の自由意思であり、「マークのない作品の利用について、これまでと扱いを変える意味を持つものではありません」。

 同マークは、(1)作家が自分の作品について付けるもの、(2)第三者による二次創作同人誌の配布を同人誌即売会で行うことを認める(ただし、デジタルデータは除く)、という意思表示である、(3)もとの作品の全部または一部をそのままコピーして配布することは認めない(二次創作のみ許容する)――の3点が基本コンセプトになる予定です。デザイン公募では、こうしたコンセプトに合ったデザインを募集します。募集の詳細は、発表ページに掲示しています。

photo マークデザインの参考例(クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのマーク)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー