ニュース
» 2013年07月22日 10時33分 UPDATE

検索が増えた候補者は? Googleが参議院選挙に関する検索ランキング発表

公示後に検索が増えた急上昇ワードの1位は「参議院選挙」。候補者の名前もいくつかランキングに入っている。

[ねとらぼ]

 Googleは7月22日、参議院選挙に関する検索ランキングを発表した。7月4日(公示日)〜20日の間、Googleでの検索が急上昇したキーワードを抽出したとしている。

参院選検索ランキング
順位 キーワード
1 参議院選挙
2 山本太郎
3 鈴木寛
4 自民党
5 日本政治 .com
6 桐島ローランド
7 期日前投票
8 緑の党
9 民主党
10 小泉進次郎

 1位は「参議院選挙」、2位は山本太郎候補(当選)で、鈴木寛候補(落選)がそれに続いた。政党名のほか、投票マッチングなどを提供するメディア「日本政治 .com」も上位に入っている。

 また検索トレンドでは、今回の争点となった憲法、原発、TPP、アベノミクス、消費税のうち、「憲法」「原発」への関心が高かったという。

ah_google.jpg 検索トレンド

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう