ニュース
» 2013年07月22日 11時24分 UPDATE

「頭文字D」18年の連載に幕 アニメ映画化決定

新劇場版「頭文字D」は2014年公開の予定。

[ねとらぼ]

 走り屋の若者たちを描いた人気漫画「頭文字D」(作・しげの秀一)が7月29日に最終回を迎える。2014年夏のアニメ映画公開が決定した。

ah_inid.jpg

 同作は1995年から「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載され、単行本の累計発行部数は4800万部。最終回は29日発売の同誌に掲載される。

 新劇場版では「これまでのシリーズとは違う、誰も見たことのない、新しい『頭文字D』」を目指すという。劇場版先行映像を、7月26日〜29日に渋谷ヒカリエで開催の「ヤングマガジン大アート原画展2013」で公開する。

 原作最後のバトルをアニメ化する「頭文字[イニシャル]D Final Stage」の制作も決定。関東最終戦となる神奈川決戦で、藤原拓海と乾信司のハチロクvsハチロクのダウンヒルバトルを描く。アニメシリーズはこれまでFifth Stageまで制作されている。

(C)2014新劇場版『頭文字D』製作委員会

(C)しげの秀一/講談社・ウェッジリンク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう