新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年07月26日 19時04分 UPDATE

震える:セナが世界最速で駆けたあの日のエンジン音、ホンダが24年を経て再現

アイルトン・セナが1989年のF1日本グランプリ予選で世界最速タイムをたたき出した、あのときのエンジン音がよみがえった。

[ねとらぼ]

 HONDA(本田技研工業)が7月25日に公開した「Sound of Honda - Ayrton Senna 1989 -」が、F1ファン必見の出来だと話題になっています。

ah_honda02.png

 1989年のF1日本グランプリ予選。アイルトン・セナは世界最速タイムで、鈴鹿サーキットを駆け抜けました。あの日の鈴鹿には、どんな音色が響きわたっていたのか。特設サイトで、当時の走行データをもとに再現された24年前のエンジン音(1分38秒041)を、光の演出とともに体験することができます。

ah_honda.png
ah_honda04.png

 HONDAは1980年代、このアクセルやエンジンの動きを記録して解析するテレメトリーシステムを、F1に導入することで世界を席巻しました。プロモーションビデオのラストには「あの日、セナの走りを支えていた技術を。今すべてのドライバーのために」「走行データでドライブをデザインする」といったメッセージが表示されます。ネット上では「震えた」「これはヤバイ」と絶賛する声が多数上がっていました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー