新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年07月29日 14時13分 UPDATE

ワンダーフェスティバル2013[夏]:由緒正しい初音ミク痛車から、話題の原寸大戦闘車両にパワードジャケット、海洋堂渾身のイモムシまで

いろいろな方向性のリアルな展示を見てきました。

[種子島健吉,ねとらぼ]

ワンフェス2013[夏]開催!

 2013年7月28日、千葉県の幕張メッセで「ワンダーフェスティバル2013[夏]」が開催されました。各ディーラー、方向性は違えどもいろいろな意味でリアルな展示の数々がありましたので紹介します。

 まずはマックスファクトリー&グッドスマイルカンパニーのブースから、由緒正しい初音ミクの痛車「GSR HATSUNE MIKU BMW」です。どのへんが由緒正しいのかというと、この車両はレンタルサービス用レプリカとはいえ、グッドスマイルレーシングで2012年にSUPER GTに実際に参戦し走行していたもので、それを2013年モデルと同じデザインにしたという実車なんです。個人スポンサーも募集中ということですので、ご興味のある読者諸兄姉は公式ホームページを見てみてはいかがでしょうか。

画像

画像

 さて次も原寸大の車両なのですが、旧日本軍の「九十五式軽戦車(ハ号)」です。こちらは米国のテレビドラマ撮影用の大道具のひとつとして制作されたレプリカなのですが、エンジンこそフォード製を使用しているもののサスペンションも可動するし、なんと自走も可能なんです。

 ただし、そもそもの状態では撮影に影響ない部分は再現されずに省略されていたり、不正確な塗装で迷彩パターンも再現度が低かったため、そこはきちんとやり直したそうです。さすが、ケッテンクラートのレストアでもこだわりを見せてくれたカマドです。

画像

 今度はドイツ軍の車両「空挺戦闘車 ヴィーゼル2」なのですが、こちらただのレプリカではなく、プラモデルを1/1で再現してしまうという活動をしている団体、「プラモデルを1/1で作る会」制作による、精密かつ巨大で自走可能なプラモデル(?)です。「いったいどうやって作ったの?」と思ったら、論より証拠でメイキング映像を観ていただきたいと思います。

画像

 そして、ねとらぼでも紹介していた「PDFクラフト ギュゲス1/1」と「パワードジャケットMK3」でしたが、それぞれ単体のみでも成立していながら、実は大日本技研と佐川電子によるコラボレーション企画も用意されていたということが判明しました。ワンダーフェスティバル2014[冬]を目指し、「ランドメイド ギュゲス」として人間が実際に乗り込んで操縦できる機体として制作するそうです。

画像

画像

画像

画像

 ここからはちょっと小さい展示物の紹介です。先日紹介したマイルストン、アオシマのコラボレーションによる洋式トイレプラモの金メッキ版「俺たちの1/12 洋式便所 秀吉の金メッキ個室版【ソフマップ限定販売】」(価格2180円、2013年9月発売予定)。そして、鋭意開発中とアナウンスされていた和式トイレプラモの試作品がとうとうお目見えです(価格は2000円程度、2013年内発売を目指して開発中)。

画像

画像

画像

 最後に紹介するのは、海洋堂のカプセルトイ「カプセルQミュージアム」の新作の中でも、異彩を放っていた「イモコレ! イモムシストラップコレクション」(価格1回300円。2013年9月20日頃発売予定)です。いつも通り良い仕事といいますか、造形も彩色も素晴らしいので昆虫……というよりも、蝶と蛾の幼虫が苦手な読者諸兄姉は画像を直視しないほうが身のためかも知れません。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事