ニュース
» 2013年08月01日 09時00分 UPDATE

ねとめし:カフェ&バー風のドリンクが自宅でも! カラフルでおしゃれな「2層の飲み物」を作ってみた

暑い今の時期、つい飲みたくなるものといえば、冷たいジュース。でも普通に飲むだけじゃ面白くない。ということで、こじゃれた感満載の「セパレートティー」に挑戦してみた。

[池田園子,ねとらぼ]

 千年猛暑ですね。いや、正直笑えないくらい暑いです。そんな理由で、冷たいフルーツジュースについ手が伸びてしまうわけだが、普通にストレートで飲んでいると、徐々に飽きがやってくる。せっかくなら、おしゃれなドリンクでも作れないものか。そう思って探していたところ、Togetterで2層に分かれた「セパレートティー」が話題になっているのを発見した。意外と簡単そう! というわけで、さっそく作ってみることにした。

 なお、セパレートティーには、紅茶が上になるパターンと紅茶が下になるパターンとで作り方が異なるが、今回は難易度が低いといわれる前者に挑戦する。

画像画像画像 こんな感じのを作ってみる


超簡単!2層セパレートティー

 材料は茶葉に湯、氷、グレープフルーツジュース(果汁100%のもの)、ガムシロップ。最初に熱い紅茶を準備しよう。きっとティーバッグでもできるのだろうけれど、レシピにならって茶葉を使う本格派にするなら、茶器があると望ましい。あらかじめ熱湯で温めた茶器で、熱い紅茶を作っておく。

画像 材料と道具はこちら

画像 熱々の紅茶を用意しよう

 その間にグラスへグレープフルーツジュースを少量注ぎ、ガムシロップを加える。糖分を加えて各材料の糖度に差をつけることで、材料がきれいに分離したセパレートティーを作れるのだとか。

 下層になるグレープフルーツジュースを甘くして、糖度を上げることがポイントだ。念のためガムシロップを2つ入れておく。その後はよくかき混ぜて、氷をたくさん加えよう。次に氷をゆっくり溶かすように、先ほどの紅茶をゆっくりと丁寧に流し入れる。

画像 グレープフルーツジュースにシロップを加える

画像 氷を上の方まで入れる

画像 紅茶をそそぐと2層に

 あれ……ちゃんと分離するのかしらん? そう心配していたものの、自分で言うのもアレだが、見事なセパレートティーが完成。思わず感動してしまう。

 グレープフルーツジュースの酸味とガムシロップの甘味を、中立的な存在の紅茶がマイルドにし、夏にぴったりな爽やかな味わいを楽しむことができた。

画像 お洒落に見えるようストローをつけて出そう


3層セパレートティーも作れちゃう

 続いて、同じくTogetter掲載のレシピを参考に、3層のセパレートティーにも挑戦してみる。材料は前出の2層バージョンに、常温の炭酸水(無糖)と砂糖が加わる。さらに今回はオレンジジュースを用いることにする。

画像 3層セパレートティーの材料。今度はオレンジジュースを使用

画像 糖度に差を付けるため、紅茶に砂糖を入れて甘くするのがポイント

画像 紅茶を静かに注ぐ

 オレンジジュースにガムシロップや氷を加えるところまでは、先ほどとまったく同じ方法をとる。ただし、紅茶を注ぐ前に、砂糖をひとさじ加えておこう。糖度の高いものからグラスの下層へと沈むため、紅茶はガムシロップを加えたオレンジジュースよりも甘くしないようご注意を。

画像 最後に登場するのは炭酸水

画像 よく見るとうっすら3層に!

 砂糖入りの紅茶をグラスへ静かに注いだ後、炭酸水を少量注ぐとあら不思議。見事に3層になっているのが分かるだろうか。こちらは炭酸水のシュワシュワ感がたまらない。爽快感あふれる飲みごたえなので、猛暑日にぴったりなドリンクだと思う。


2層のカクテルも! 超簡単ワインクーラー

 最後にオトナの飲み物・カクテルにも挑戦することにした。nanapi掲載のレシピを参考に、ワインクーラーを作る。

 材料はワインにオレンジジュース、氷。家に余っていた赤ワインを使うことにした。ちなみに赤・白・ロゼのどれでもOKだが、特にロゼがきれいに作れるのだとか。道具はカクテル作りに欠かせない「マドラー」を用意しよう。

 作り方は簡単。まず、グラスいっぱいの高さまで氷を入れ、オレンジジュースを少量注ぐ。次にマドラーを氷に固定し、マドラーを伝わせるよう、ワインをゆっくりと注いでいく。

画像 グラスいっぱいに氷を入れる

画像 先にオレンジジュースを注ぐ

画像 マドラーを伝うようにワインを注ぐ

 この行程で注意したいのは、ワインをゆっくりと注ぐこと。マドラーを伝ったワインがさらに氷を伝うようにし、オレンジジュースの上に静かに乗るようなイメージだ。

 ちなみに「ワイン:オレンジジュース=1:1」の割合で作ると、ツートンカラーの美しいカクテルに仕上がるとか。筆者は特に容量を守らず作ったが、バーでオーダーできるようなお洒落なカクテルが完成した。

画像 2層に分かれたカクテルが完成

 完成した写真では入れすぎた氷が溶けきらず、氷が出っ張っていて不恰好に見えるものの、甘くて飲みやすく美味しいカクテルだった。今後も材料さえあれば作りたいと思う。

 凝っているように見えるものの、意外と簡単にできるセパレートタイプのドリンク。みなさんも挑戦してみてはいかが?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー