ニュース
» 2013年08月07日 13時43分 UPDATE

三大流星群「ペルセウス座流星群」、8月12日にピークかつ観測日和

全国的に晴れる上に、月が真夜中前に沈んで観やすいらしいぞ!

[ねとらぼ]

 三大流星群の1つ「ペルセウス座流星群」が、8月12日夜遅くから13日朝にかけて観測ピークを迎える。日本気象協会のtenki.jpは、全国的に晴れて絶好の観察日和になると予想している。

画像 冬と違って寒くないから快適に観れそう

 ペルセウス座流星群は、ほかの三大流星群「ふたご座流星群」(12月)、「しぶんぎ座流星群」(1月)と違って寒くない時期に、夏休み・お盆休みシーズンも重なって観測しやすい流星群だ。放射点(流星が流れてくる中心点)はペルセウス座のγ(ガンマ)星付近。午後9時を過ぎてから位置が上がって流星群が活発になりだし、もっとも高くなる明け方前に流れる数も最大となる。

 当日の月は真夜中前に沈むため、月明かりに邪魔されずに観測を楽しめる。郊外など明かりが少ない場所では、1時間に50個以上の流れ星をみられる可能性があるとのこと。観測は肉眼でもOK。流星は放射点から四方八方に広がるので、どの方向でも平均的に同じ数が見られる。観たい人はなるべく空が広く見渡せる場所を選び、広い範囲に注意を向けよう。

 国立天文台はペルセウス座流星群のUstream中継も予定している。11・12・13日の午後10時ごろから翌朝4時ごろまでで、岡山天体物理観測所(岡山県浅口市)からの映像だ(曇天・雨天の場合は中止)。外に出れない人はこちらもどうぞ。

追記

 NASAもマーシャル宇宙飛行センターから流星群のUstream中継を予定しています。

関連キーワード

天文 | 流星群 | 日本気象協会


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう