ニュース
» 2013年08月12日 17時52分 UPDATE

ついに41度! 国内最高気温の記録更新、高知県四万十市で

あっつい!

[ねとらぼ]

 高知県四万十市で8月12日午後1時42分、気温が41度に達し、国内の観測史上1位が更新されたと日本気象協会が発表しました。これまでの最高気温は、2007年に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で観測された40.9度でした。

画像 気象協会のサイトtenki.jp

 観測地点は四万十市の西土佐用井(にしとさもちい)。10日から3日続けて40度を超えており、同じ地点で3日連続40度を超えるのも統計史上全国で初めてだそうです。また全国の猛暑日地点数も4日にわたって200を越えています。13日から日ごとに猛暑日地点が少なくなっていくらしいですが、7月末の予報では9月前半まで暑さが続く見通し。まだまだ長い夏、体調管理に気をつけて過ごしましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー