ニュース
» 2013年09月03日 16時21分 UPDATE

倒れそうでハラハラ シューズの先にナイフをつけて踊るバレリーナが驚異的

芸術的な意味はよく分からないけどバレリーナがすごいことは分かった。

[ねとらぼ]

 芸術とは時に難解なもの。先端にナイフをつけたトウシューズで踊るというアバンギャルドなアート動画が投稿されています。

ah_knife1.jpg 先端にナイフをつけたトウシューズ

 動画では、バレリーナがナイフ付きのトウシューズを履き、グランドピアノの上という狭いステージの上で踊っています。ナイフの先をステージにつけてつま先立ちをするという不安定な姿勢で、ピアノのふたに傷を刻みながら踊るバレリーナ。バランスを崩して倒れてしまうのではないかとハラハラしますが、さすが本職だけあってバランスを保ち続けます。

ah_knife2.jpg 舞台は狭いグランドピアノの上
ah_knife3.jpg バランスを崩しそうでハラハラ

 この動画はアーティストのJavier Pérez氏によるもの。「美と残酷さ、もろさと暴力、文化の自然、生と死のような、相容れないように見える概念の境界線となる弱さ」を明らかにする作品なのだそうです。

Javier Pérez - EN PUNTAS (extracts) from Javier Pérez on Vimeo.


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう