ニュース
» 2013年09月09日 16時15分 UPDATE

「AKIRA」の世界と一致! 2020年東京オリンピックで注目集まる

AKIRAの舞台は「2019年、オリンピックを翌年に控えたネオ東京」。作中には「東京オリンピック会場建設地」の看板も登場していました。

[ねとらぼ]

 2020年夏季五輪の開催地が東京に決定したことを受けて、大友克洋さんの漫画「AKIRA」に熱い視線が注がれています。同作は1982〜90年に「週刊ヤングマガジン」で連載され、88年には劇場版が公開された人気SF巨編。その舞台こそ、「2019年、オリンピックを翌年に控えたネオ東京」だからです。

ah_AKIRA.jpg

 「AKIRA」では、関東地区に“新型爆弾”が投下されて、第三次世界大戦が勃発。一時は崩壊した東京が、2020年のオリンピック開催を機にかつての繁栄を取り戻しつつあるという設定でした。作中には「東京オリンピック会場建設地」の看板をはじめ、五輪関連のシーンがいくつも描かれています。

ah_akira2.png

 ファンの間では、2016年夏季五輪の招致時からたびたび話題になっており、今回の2020年ではドンピシャとあって大きく期待されていたようです。昨夏に公開されたNAVERまとめ「2020年東京オリンピック開催を秘かに期待する『AKIRA』ファンまとめ」では、「金田バイクで聖火リレーとか妄想が膨らむお!」「オリンピック直前に、東京で変な実験による謎の大爆発が起きたりしないですよね…(笑)」などのコメントが取り上げられています。

ah_akira3.png Yahoo!リアルタイム検索 注目のキーワード

 そして、9月8日早朝に“2020年東京五輪開催”が決定してからは注目度が急上昇。「AKIRA」がYahoo!リアルタイム検索の注目のキーワードで上位に入り、「すごい!!」「そうだった」「完全に一致」と多数のコメントが寄せられていました。反応の一部はTogetterにまとめられています。

ah_akira4.png Togetter「2020年東京オリンピック開催は、大友克洋さんの「AKIRA」の世界と一致していた!」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー