ニュース
» 2013年09月13日 13時49分 UPDATE

ワクワク:ゾウガメやウミイグアナなどが見切れてます ガラパゴス諸島がGoogleストリートビューに追加!

日本から約1.5万キロメートル、赤道直下の島々を日本にいながらお散歩♪

[ねとらぼ]

 自然科学者・ダーウィンが進化論の洞察を深めたガラパゴス諸島(エクアドル)が、9月13日にGoogleストリートビューに加わった。ゾウガメやウミイグアナといったここでしか見られない生物や、赤道直下にある島の自然を、約1.5万キロ離れた日本にいながら散歩気分で楽しめる。

ガラパゴス諸島 道端にお食事中のゾウガメさんがひょっこり登場

ガラパゴス諸島 ウミイグアナなど、ガラパゴスならではの生き物を発見するとテンション上がる

 ガラパゴス諸島は、その美観や生物多様性などをもって1978年にユネスコに登録された世界自然遺産。Googleは2013年5月にガラパゴス国立公園およびチャールズ・ダーウィン財団の協力のもと、バックパッカー型のストリートビュー撮影機材「トレッカー」を持ち込んで諸島のストリートビューを撮影した(関連記事:ゾウガメさんチーッス Googleストリートビューにガラパゴス諸島追加へ)。

 サン・クリストバル島で食事するガラパゴスゾウガメや、イザベラ島の湿地帯で砂浜へ向かうウミイグアナなど、陸のさまざまな動物たちが確認できる。またゾウガメ繁殖センター「ガラパグエラ セロ コロラド」内にも入って、ふ化したばかりのゾウガメの赤ちゃんをケージ越しに見ることも可能になっている。

ガラパゴス諸島 撮影は海でも行われた。人懐っこいアシカがかわいすぎる

ガラパゴス諸島 岩肌の上を舞うグンカンドリたち

 撮影は、船にトレッカーをくくりつけたりSVII水中カメラを利用したりと、海上・海中でも行われた。島の海岸線や岩肌に守られたグンカンドリの群れ、ダイバーに近づいてくる好奇心旺盛なアシカたちなど、海の自然も堪能できる。Googleは今回のストリートビューが、世界中の人々を島々へ「旅」できるようにするツールや、環境保全や動物の行動パターン、観光が島へもたらす影響を探る上での重要な資料になるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー