ニュース
» 2013年09月15日 12時00分 UPDATE

目玉焼きが文字になる! 写真から作ったリアルな“目玉焼きフォント”がかわいい

白身の焦げとかいい感じ。

[ねとらぼ]

 海外のデザインフォント会社「HandmadeFont」が販売している、目玉焼きのフォントがかわいいです。目玉焼きをアルファベットや数字の形に焼いてそのままフォント化したようなデザインで、サイトやポップなどいろんなものに使ってみたくなります。

画像 これはかわいい上にお腹減るやつだ

 フォントは本物の目玉焼きの高解像度写真を元に作っているそうで、白身の気泡部分や焦げなどがとてもリアルです。「B」「O」「P」といった文字の穴空き部分に、丸い黄身が使われているのも素敵。文字はアルファベットと数字のほか、「$」「&」「+」「,」などの記号もそろい、背景も透明で配置しやすい仕様になっています。文字の大きさは2.5×2.5センチ、価格は1セット70ドル(約7000円)です。

画像画像

 HandmadeFontではほかにもソーセージやフライドポテト、折り紙、コンクリートなど、写真を使ったユニークなフォントを販売中。いずれも70ドルで、10セット350ドル(約3万5000円)というお得なまとめ売りもあります。

画像 ソーセージにフライドポテトなど、ほかにもユニークなフォントがいっぱい!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー