新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年09月19日 12時36分 UPDATE

いわばバーチャルブラタモリ――明治や昭和の地図とGoogleマップを比較できる「今昔マップ」Web版が面白い

あんな場所やこんな場所の昔の姿が一目瞭然! ブラタモリとか歴史探訪とか好きな人は必見です。

[ねとらぼ]

 「ディズニーランドは海だったのか」「我が家の造成前の地形が分かって興味深い」――明治や昭和ごろの古い地図と現代のGoogleマップを簡単に比較できるWebサービス「今昔マップ on the web」が9月15日に公開されました。「面白い!」「スマホでも見れた!」など、ユーザーの感想がネットに続々と投稿されています。

photo 古い地図とGoogleマップが左右に連動して表示される「今昔マップ on the web」

 サイトを公開したのは、埼玉大学の研究者である谷譲二さん。谷さんが以前から公開しているWindows向け時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」のWeb版として提供されています。

photo 全部で8つのエリアの地図データがあります

 「札幌編」「東北地方太平洋岸編」「首都圏編」など、全部で8つのエリアの地図データが公開されており、見たいエリアを選ぶと地図画面に切り替わります。画面の左側には古地図が、右側にはGoogleマップが表示され、カーソルの位置やスクロールや拡大縮小が見事に連動。新旧の地図の変化を直感的に理解できます。さらに、操作メニューにある「URL」ボタンをクリックすれば表示中の地図画面のURLが発行され、ブックマークしたり友人と共有したりもできます。

 古い地図は明治ごろのものから数年前のものまで複数あります。例えば首都圏編の場合は「1896年〜1909年」の地図から「1998年〜2005年」の地図まで、合計9種類の古い地図の中から表示する地図を選べます。

photo 「1896年〜1909年」の地図で渋谷付近を見ると、代々木競技場がかつて練兵場だったことが分かります ※この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」(C)谷謙二 により作成したものです

 新宿、東京、渋谷――おなじみの駅の周辺を見比べるだけでも、いろいろな発見があります。例えば「1896年〜1909年」の地図を表示しながら渋谷を見てみると、代々木競技場がある場所に「代々木練兵場」の文字が。田園都市線をなぞるように池尻、三軒茶屋とスクロールしてみると、今は団地や公園になっている場所に、さまざまな軍施設があったことが分かります。こうした軍の施設名の表示が「1944〜1954年」の地図からは消え、「1965〜1968年」の地図になると、「代々木競技場」「昭和女子大学」といった、今もある施設に変化していました。

photo 「1944〜1954年」の地図だと、練兵場の記載がないみたい ※この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」(C)谷謙二 により作成したものです
photo 「1965〜1968年」の地図には、「代々木競技場」の文字が! ※この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」(C)谷謙二 により作成したものです

 こうした発見がいたるところにあるであろう、今昔マップ on the web――タモリさんが古地図を片手に街を散策する「ブラタモリ」というテレビ番組がありましたが、今昔マップ on the webを使ってバーチャルブラタモリを楽しむのもいいかもしれません。ちなみにサイトはHTML5で作られており、スマホやタブレット端末からもアクセス可能。リアルブラタモリのお供にも、いかがでしょうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事