ニュース
» 2013年09月26日 13時02分 UPDATE

Twitter、災害など緊急のお知らせをプッシュ通知する「Twitterアラート」を開始

災害情報などをモバイル端末上でプッシュで受け取ることが可能になります。

[ねとらぼ]

 Twitterは9月26日、災害などの非常時に、各種のお知らせをスマートフォンにプッシュ通知するサービス「Twitterアラート」を日本、韓国、米国でスタートしたと発表しました。

photo Twitterアラートを提供するアカウントのページには、Twitterアラートのプッシュ通知を有効にする設定画面へのリンクが新たに設置されています

 Twitterアラートは、各種機関がTwitter上で発信する緊急情報ツイートに、オレンジのアラートマークを付けて目立ちやすくします。また、該当機関からのTwitterアラートの受け取りを設定画面から許可することで、これらの緊急情報がモバイル端末上の公式Androidアプリまたは公式iPhoneアプリでプッシュで受け取れるようになります。携帯電話番号あてにテキストメッセージをプッシュする機能もありますが、日本では現在利用できないとのことです。

photo Twitterアラートの設定画面。オンにするとプッシュ通知が届くようになります
photo プッシュ通知をオンにしていない場合も、Twitterアラートの該当ツイートにはオレンジのアラートマークが付いて目立つようになっています

 日本では、日本気象協会の「@tenkijp」や、警視庁警備部災害対策課の「@MPD_bousai」など、8つのアカウントがTwitterアラート機能を使いはじめています(詳細:Twitterブログ)。自然災害や大事故などの際に、警告や対処方法や避難経路といった情報がTwitterアラートで届けられることが予想されます。

 Twitterアラートが使えるアカウントは順次増えていく予定です。不審者侵入などの情報を伝えるツールとして学校が導入している例もあり、国全体に向けたアラートから地域ごとのアラートまで、幅広い運用が想定されています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー