ニュース
» 2013年09月30日 16時56分 UPDATE

小学館ビルのマンガ家108人によるラクガキ 「全写真ギャラリー」をネットで公開

貴重なコラボの数々、見に行けなかった人も振り返りたい人も楽しもう!

[ねとらぼ]

 取り壊し前の小学館ビルにマンガ家たちが描いたラクガキを、小学館が特設サイトで公開した。ラクガキの写真は1フロアごとに順次公開される予定で、現在は1階の作品が見られる。

画像 文化財レベルのラクガキがいつでも見られる!

 ラクガキは、取り壊しが決定した小学館ビルにゆかりのあるマンガ家たちが累計108人集まって描いたもの。8月24・25日に「ありがとう!小学館ビル ラクガキ大会」として一般公開された際は、8000人が駆けつけ話題になった。この作品を小学館は写真で保存。ビル解体後も見られるよう、このたびファンに向けて公開した。

 1階の写真は、フロアの壁すべてを網羅するパノラマビューが2枚と、ラクガキをアップで撮ったものが数百枚。Twitterなどで話題となったいろんなマンガ家のコラボをじっくり楽しめるようになっている。今後ラクガキは、地下1階、階段、6階のものがそれぞれ、10月中旬に公開される予定だ。

画像 「コミスン」ではラクガキ大会のさまざまな記事をアップ中

 また小学館は、ラクガキ大会に関するさまざまな記事を自社のマンガ情報サイト「コミスン」に掲載中。藤子不二雄Aさんが「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造を描いていく過程など貴重な写真も見られるので、こちらも合わせて楽しんでみては。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう