新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年10月07日 10時00分 UPDATE

【解決編】編集長を殺したのは誰だ!? ねとらぼ推理劇場 〜マウスが残したダイイングメッセージ〜【PR】

ねとらぼ・カトウ編集長が何者かに殺害された。手がかりはPCに残されていたスキャン画像1枚のみ。果たして犯人の正体は……?

[ねとらぼ]
画像画像

 それはある秋晴れの日のできごとだった。

 その日、いつもよりちょっとだけ早く出社した僕は、徹夜明けなのか、机に突っ伏して寝ているカトウ編集長の姿に気がついた。

画像

「ガチャッ。おはようございまーっす」



画像

「あれ、徹夜ですか? 編集ちょ……」



画像

「う、うわあああああああああ!」



画像

「し……死んでる!」



 そのとき僕はまだ、この事件の裏側に隠された、怖ろしい陰謀の正体など知るよしもなかったのだった……。



画像



※この物語はフィクションです




容疑者

――2時間後

画像

「さて、みなさんにこうして集まってもらったのはほかでもありません。昨夜ねとらぼ編集部で起こった凄惨な殺人事件……その真犯人を暴くためです!」



画像

「そんな……いくらページがないからって急すぎるわ!」



画像

「だいたい人が死んでるのになんで警察を呼ばないんですか!」



画像

「そうだそうだ!」



画像

「やかましい!」

「ギャーーーッ」





事件の概要

 事件の概要は次のとおり。

 編集長は昨夜遅く、いつものようにねとらぼの原稿を紙に印刷してチェックしていたところ、何者かに後頭部を強く殴られて死亡。犯人の痕跡はなし。ただ1点、つけっぱなしのPCには、スキャン途中と思われる画像が残っていた――。

画像

画像

画像


画像 ※画像クリックで拡大します



容疑者1:ミヤモト記者

「私はやってないわ! カトウ編集長にはしょっちゅうセクハラされてたけど、まさか殺すなんて……!!」

画像



容疑者2:上司イズミ

「わ、私じゃないですよ! カトウさんとは原稿の締め切りや、予算の問題をめぐって口論になったことはありますけど、別に恨みなんか持ってないです!」

画像



容疑者3:漫画家・ねこポッポ

「ぼ、僕はたまたま、次のネコマンガ『ニャン・オブ・スティール』の打ち合わせで来ていただけなんです! カトウさんには自信作『猫島、部活やめるってよ』をボツにされた恨みくらいしかないです!」

画像



 以上、3人がこの事件の容疑者である。



画像

「(こいつら全員しょっぴいた方が早いんじゃないかな……)」





手がかり

画像

「落ち着いて聞いてください。状況から考えて、みなさんの誰かが犯人なのは明らかです。そしてその犯人は、この画像が示している!!!」



画像

画像

「な、なんだってーーー!」



「待ってください、この画像って、何かの書類をスキャンしたものですよね? 編集部にスキャナなんてなかったはずですが……」

「そうよ! それに死の間際に書類をスキャンするなんて、そんな時間があったとは思えないわ!」

画像

画像

「やかましい!」



画像

「(僕、何も言ってないのに……)」



画像

「みなさん、このマウスをよーく見てみてください」



画像

「よく見てって……ただのマウスじゃないか」

「あっ、こ、これは!?」



画像

「そう、これはキングジムの『マウス型スキャナ』……!」

「もしかして、マウスでなぞるだけで手元の原稿がスキャンできるっていう、あの……?」

「馬鹿な! そんな便利なものがあったら、スキャナーの革命じゃないか!」



画像

「信じていただけないようなので、簡単に実演してみましょう」

「ゴクリ……」





便利

画像

「まず、親指のところにある、この『SCANボタン』を押します。すると専用のソフトが立ち上がり、いつでもスキャンできる状態になる」



画像

画像

「あとはこうやって、原稿のスキャンしたい部分をなぞるだけです。ね、簡単でしょう?」


「なぞったところがどんどんPCに取り込まれていくわ!!! はやーい」

「すごい……これなら大判の書類も、思いどおりに抜き出せますね。原本をハサミで切り取ったりしなくてもスキャンできるんだ」

「しかも普段はマウスとして使えるから、スペースも取りません」

「僕の漫画もこれでスキャンすればよかった!」



画像

「編集長はこれを使って、死の直前、犯人の手がかりをこの画像の中に残したのです!」



画像

画像

「なるほど……こんなに手軽なら、死ぬ間際でもスキャンできたかもしれない」

「となると、あとはこのメッセージの謎を解くだけか……」





そして解決へ――



画像

「ところでこれ、スキャン後は自由に画像をトリミングしたり、色を調整したりできるんですね」

画像

画像

「取り込んだ色がちょっと違ったりしたら、ここで調整すればいいのね」



「もちろんです。保存形式もPDF、JPG、TIFF、BMP、PNG、XLS、DOCなど7種類から選べて自由自在に……ハッ!」



画像

「そうか……そうだったのか……!」



画像

「どうしてもっと早く気付かなかったんだ!」



画像

「PCの前に残されていた青いペン……」

「不自然に青く修正されたスキャン画像……!」

「謎はすべて解けた!!!!!」



画像

「あなただったんですね、犯人は……」



画像

「ゴクリ」



画像

「犯人は……」



画像

「犯人は……?」



画像

「……」



画像

「……」



画像

「2週間後に発表します!」



画像





画像





画像










犯人は……



画像

「……さん、イケヤさん!」

画像

画像

「ふがっ」

「2週間経ちましたよ! いいかげん発表してください」

「ああ、はいはい、そうだった」



画像



「犯人は……イズミさん、あなたですね!」



画像

「えーっ!」



画像

「そ、そんな……?」



画像

「くっ……」





ダイイングメッセージの意味

画像

「でも、どうしてイズミさんだと……?」



画像

「ポイントはこの画像の色です」

「色?」

「この画像、全体的に青っぽいと思いませんか」

「思いませんかっていうか、めちゃくちゃ青いですね」



画像

「さっきミヤモトさんが言った言葉を思い出してください。『ところでこれ、スキャン後は自由に画像をトリミングしたり、色を調整したりできるんですね』――」

「あっ!」



画像

「そう、この画像が青いのは、スキャンした後に誰かが色をいじったからなんです!」

「い、いったい誰がそんなことを……!?」



画像

「もちろん、編集長ですよ!」

「えーっ!」



画像

画像

画像

「イズミさんに頭を殴られた後、編集長は薄れゆく意識の中で、犯人の手がかりを手元の紙に書き残しました」

「しかし、紙のままではイズミさんにすぐ気付かれ、処分されてしまう――」



画像

「そこで編集長は、手元のマウスでとっさに紙をスキャンし、さらにイズミさんに気付かれないよう、色を変えてメッセージを隠した……!」

「し、死ぬ間際の一瞬にそんなことまで……さすが編集長!」

「そ、そのメッセージって……?」



画像

「それはこれからお話ししましょう。さっきマウスの横に、青いペンがあったのに気付きましたか?」

「そういえば……」



画像

「それでは、この画像の色を元に戻してみましょう」

「ゴクリ……」

「ああっ!」

「そ、そんな!」

「……」



画像

画像

「青いペンで、『毛』という文字にすべてバツが付いている……!」

「そうか、だから画像を青く……!」

「『毛』がすべて消されている……毛が……消されて……」



画像

「そう……つまり犯人は毛がない人物! イズミさん、あなたしかいないんですよ!!!」



画像

「う……」



画像

「うう……」



画像

「うわああああああああああああああああああ!」



画像

「ほ、ほ、ほんのはずみだったんです! 深夜に育毛剤のことで口論になって……ついカッとなって……気付いたら目の前にカトウさんが倒れていて……ウウウ……」



画像

「ごめんなさい……ごめんなさい……」



画像

「わかればいいんですよ、イズミさん」

「えっ」



画像

「へ、編集長!?」

「死んでいたんじゃ……」



画像

「フフフ……みなさんまだ気付かないんですか?」

「えっ」



画像

「そ、それはさっきのマウス型スキャナ……?」



画像

「ま、まさか……!」



画像

「そう、そのまさかです」

「イケヤさんまで!?」



画像

「このマウス型スキャナを宣伝するために、僕と編集長で一芝居うったのでしたぁ〜〜!!!!」



画像

「ひ、ひどい!」



画像

「なんて手の込んだことを……!」



画像

「何を言ってるんですかみなさん、最初からウソだって書いてあったじゃないですか」

「えっ?」



画像

「もう一度さっきの画像を見てみてください。今度は下の方です」

「すね毛フォントの写真が写ってる方ですか?」



画像

「ああっ、こ、これは……数字が浮かび上がってきたわ!」

「そう、こっちにも実は青いペンでメッセージが書き込んであったんです」



画像

「番号の付いたアルファベットを、順番に読んでいってみてください」

「U・S・O・D・A・Y・O……」

「『ウソだよ』!!!!」

「ね、書いてあったでしょう?」



画像

「なーんだ、あっはっはっはっは」

「すっかり騙されましたよ!」



画像

「ほらほら〜、イズミさんも笑って笑って〜〜!」



画像

「イズミさん……?」



画像

「こんな……こんな……」



画像

ガシッ!!!!



画像

「こんなもの……こんなもの……!」



画像

「い、イズミさーん、冗談ですよ〜〜……」



画像

「うおおおおおおおお!」



画像

「ギャーーーーッ!」



画像

「うおおおおおおおおおおおおお!!!」

「ウワーーーーッッ!」



画像

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」

「グヘエーーーッ!」



画像

「ハァ……ハァ……ハァ……」



画像



画像



画像




※スキャナー型マウスは武器ではありません。説明書をよく読んで、正しく使いましょう





画像






ということで、結果発表です

 結局、カトウ編集長を殴ったのは上司イズミ、でも実は編集長とイケヤがグルで……と、なんだか誰が犯人だったのかハッキリしない結末ではありましたが、とりあえず当選発表です。

※当選者の皆さんには後ほどダイレクトメッセージにて連絡させていただきます


正解者(マウス型スキャナ/3名)

見事正解した人 マウス型スキャナ(抽選で3名) 1万1550円 普段はマウスとして使用でき、ボタン1つでスキャナに早変わり。必要な時に、書類のスキャンしたい部分をなぞるだけで素早くスキャン可能なすぐれものです。

 今回はあくまで「カトウ編集長を殴った人」ということで、上司イズミが犯人と答えた人を正解としました。「USODAYO」まで見抜いてくれた人、すいません! そっちは別途「名推理賞」をあげますのでお許しください。

 見事「毛」の文字が消されていることに気付き、マウス型スキャナをGETしたのはこちらの3人!





特別賞

名推理賞 ポメラ DM100 3万7800円 デジタルメモ「ポメラ」のフラッグシップモデル。打ちやすさを最優先したストレートタイプのキーボードで、シリーズ最大、5.7インチのバックライト付きTFTモノクロLCDを搭載する。
迷推理賞 ミルパス 5229円 マスターパスワードを1つ覚えておくだけで、最大200件のIDとパスワードをまとめて管理できるツール。これからは覚えるパスワードは1つだけ!
そんなわけないで賞 iコロコロ 1260円 スマホやタブレットの、気になる皮脂汚れがコロコロするだけでみるみる落ちる画面クリーナー。これ1個で約500回のクリーニングが可能。
努力は認めま賞 こはる 5985円 専用のマスキングテープに、名前やメッセージ・絵文字などを手軽に印刷できる手のひらサイズのプリンター。ラッピングや装飾などに活用できます。

 毛文字に隠された「USODAYO」から、カトウ編集長が実は死んでないことまで見抜いてくれた人もかなりいました。こちらは特別に「名推理賞」ということで、キングジムのデジタルメモ「ポメラ」を1名にプレゼント!



 スキャン画像のトリックには一切触れなかったにもかかわらず、「編集長のふさふさヘアーが以前からねたましかったから」という犯行動機を見事的中させてくれた@suumoloveさんには「迷推理賞」をお送りします。



 「そんなわけないで賞」は、「こんな役柄で出演させられちゃってて……」というミヤモトさんの悲哀を代弁してくれた@LuckPinkyさんにプレゼントします。そ、そんなわけないでしょ……!(たぶん)



 最後は微妙に正解からはズレていたものの、4ツイートにわたって詳細な推理を書き込んでくれたくんひろさんに「努力は認ま賞」をプレゼント。ねこポッポ先生にはいずれちゃんと「ニャン・オブ・スティール」描いてもらわないと……!





提供:株式会社キングジム

アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ 編集部/掲載内容有効期限:2013年10月27日


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー