新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年10月02日 15時17分 UPDATE

人間にパイにされた「ピーターラビットのお父さん」が食べられるカフェ登場

10月1日にスタートした企画展「ピーターラビット inGINZA〜絵手紙120周年〜」のオフィシャルカフェで提供しています。

[ねとらぼ]
画像 公式サイトにはパイになったお父さんがいます

 以前ねとらぼでも紹介した、ピーターラビットのお父さんに関する豆知識を覚えていますか。実はお父さん……人間にパイにされてしまったという設定のキャラクターで、公式サイトにもちゃんと説明が載っています。ピーターラビットを読んだことがない人は結構衝撃を受けますよね。

 で、そのピーターラビットのお父さん――最終形態:うさぎ肉のパイ包み――ですが、10月1日に銀座でスタートした企画展「ピーターラビット in GINZA〜絵手紙120周年〜」で食べることができます!!! な、なんだってー! 

 企画展が開催されているソニービル1階の「パブ・カーディナル」が10月14日までピーターラビットオフィシャルカフェとなっていて、お父さんをモチーフにしたうさぎ肉のパイ包み(945円)を提供中。パイ包みとローストビーフ、英国伝統のスイーツ「ローリー・ポーリー・プディング」をセットにした1日限定15食のメニュー(2500円)なんかもあります。お父さん、おいしそうです。

 このほか企画展ではピーターラビットの歴史を紹介するほか、限定グッズ販売、ゆかりの地である英国・湖水地方の美しい風景を紹介するコーナーなどさまざまな催しを実施。入場は無料です。

10月4日午後3時追記

 ピーターラビットオフィシャルカフェのサイトにあった「ピーターのお父さん」という記述が削除されたようです。引き続きパイ包みはメニューの1つとして提供されています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー