新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年10月03日 12時28分 UPDATE

【職場閲覧注意】おいさ! おいさ! 巨大てぃんこに女性がまたがる、長野の奇祭「道祖神祭り」に行ってきた

※神聖かつ楽しい楽しいお祭りです。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

「おいさ! おいさ!」

 威勢のいい掛け声とともに、1.6メートルの木彫りの男根が旅館に入ってきた。女将さんや地元客の後押しを受け、宿泊していた女の子は恥ずかしそうに笑って男根(をかたどったご神体)にまたがる。はっぴ姿の男10人が彼女ごとお神輿を持ち上げると、先ほどの掛け声とともに激しく前後に揺さぶりはじめた。

画像

画像

 絵面とか状況とかいろいろおかしい。巨大なアレに女の子が股でしがみつきながら、かがんではのけぞっては髪を乱し、黄色い声を上げる。とはいえ表情は絶叫マシーンを楽しむように笑顔だ。勇ましい「おいさ!」と周囲の笑いで、旅館の玄関は活気に満ちあふれる。

 こんなカオスでハッピーなお神輿ロデオを町の各地で繰り広げる奇祭が、長野県松本市美ヶ原温泉の「道祖神祭り」だ。50年近い歴史を持つお祭りで、主催は美ヶ原温泉旅館協同組合。毎年9月の第4土曜日に開催しており、今年は去る9月28日に行われた。


画像


美ヶ原温泉と道祖神祭り

画像画像 長野県下でもっとも古い道祖神「辻の道祖神」(右)もある美ヶ原温泉

 美ヶ原温泉は天武天皇が行幸しようとした地として「日本書紀」に記される、歴史の古い湯の里。平安時代の歌人・源重之が湯の流れる様を「白糸」と詠めば、文豪・島崎藤村が滞在して小説「三人」を執筆するなど、名高い文化人に愛されきた。

 ほかの温泉街と同じように健康の仏様・薬師如来が、町の外れの「湯の原薬師堂」に約1300年も前からまつられている。男根のご神体は、昭和30年代に薬師堂の敷地の通夜殿に安置された。地元の人々が子孫繁栄・縁結び・商売繁盛などの道祖神としてまつったものだ。

 同時にお祭りは薬師祭典の宵の宮(前夜祭のようなもの)としてはじまった。毎年地元の若者がご神体を担ぎ歩いては、大入りを願って旅館に入り、子宝や縁をもたらすとして女の子を揺らし続けている。

画像画像 湯の原薬師堂。お湯かけ地蔵(右)という湯の里ならではのものがある……あれ?

画像 あの形じゃないですか

画像 薬師堂へ行く途中の「通夜殿」には数々のご神体様が(いつもは格子状の扉で閉められている)。左端のご神体がお神輿として練り歩く

画像 通夜殿の石畳にもうっすらとあの形。隠れミッキーみたいだった

画像画像 町にはもう1つ「姫薬師堂」がある。ここには女性シンボルのご神体様が(右)

画像画像 手水場には不思議なお鼻のお顔が4つ並んでいた。ぬかりないっす


衝撃的な儀式でお祭りスタート

画像 夜になった姫薬師堂

画像 屋台にはこんなアメが。お神輿に乗った女性も1本もらえる。川崎の「かなまら祭り」などほかの男根祭に比べると、屋台アイテムは少なかった

画像 通夜殿を離れて姫薬師にいるご神体。お神輿はここからスタートする

 ちょうちんやたいまつが赤々と燃える夜7時前。ご神体は薬師堂を離れて、町にもう1つある「御母家姫薬師堂」に来ていた。ここには昭和53年(1978年)から女性器をイメージした女性道祖神のご神体がある。男女の道祖神が年に1度だけ2人の時間を過ごし、男根のご神体が町をめぐって元の薬師堂に帰っていくというのが、今現在のお祭りの形だ。見た目はともかくロマンチック!

 若い衆がお神輿を担いで出発の儀。女性シンボルに向かって「おいさ!」と叫びながら前後に揺さぶりはじめた。生々しさにロマンはどこかへ吹き飛ぶ。でも、会えるのは今夜だけだもんね! 周囲の大人たちの笑いに包まれ、木彫りの男根は掛け声とともに夜の温泉街へ飛び出した。

画像 いざ出発!の前に、女性シンボルに向かって「おいさ!」

画像 「おいさ!」一年に一回だけだしね!

画像 お祭り始まりだおいさ!


ご神体に乗れば、あらゆる女性も笑顔に

画像 ご神体のルート。旅館や屋台を回りながら薬師堂へと戻っていく

 地元の人でなくても、ご神体には女性なら誰でも乗せてくれる。2つの屋台通りと15軒の旅館を練り歩きながら乗り手を募るので、手を上げるなどちょっとした意思を見せれば喜んで迎えられる。

 またがる女性は祭りの華。地元の人々が「やっちゃいなよ」とノリよく後押しすれば、担ぎ手たちも「おいさ? おいさ?(たぶん“いかがですか?”の意)」とハイテンションで招く。賑やかな雰囲気の中、1カ所につき3人くらいの女性がチャレンジしていった。

画像 ご神体は屋台前でストップ。ジョッキー1番手は松本信用金庫で働く女の子(23歳)。お祭り後に結婚できたという先輩のすすめがあって、みずからの希望で初めてまたがる

画像 「おいさ!」

画像 「おいさ!」初めは緊張していたと目が据わっていたが、激しく黒髪を揺らした後は「楽しい思い出になった」とくだけた笑みを見せた

画像 旅館に入っていくご神体。シュールすぎる

画像 結婚したばかりの旦那さんと親戚一同で、大阪からぶどう狩りを楽しみに来た女性(31歳)。予期せぬ木彫りの男根に戸惑いつつ、いざ乗るとノリノリでピース。「かなり激しくー!」と担ぎ手が号令をかけると……

画像 「おいさ!」――は、激しい! その場のノリによってご神体の揺れ具合は変わる。「小刻みモード」など、意外とバリエーションは豊富だった

画像 嫁さんは予想以上の揺れに絶叫したあと、「これで“できる”気がする」と明るい表情。旦那さんも「嫁がいい感じで揺られていた。日々努力します」と笑う

画像 こちらの女性(31歳)は旦那さんと、お祭りを見に神奈川から参戦

画像 「おいさ!」――長い髪を揺らして手綱にしがみつく。「まあ今後は様子見です」と旦那さんはハキハキ答えてくれた。ご利益ありますように!

画像 「部屋の窓から何かやってくるのが見えてびっくりした」と、最年長の乗り手となった名古屋からの女性(60代)。乗馬クラブに所属していたそうだ

画像 「おいさ!」――馬は上下、お神輿は前後だから感覚は違ったとのこと。「今日一番の思い出になったかな」と笑顔に

 屋台前はお祭り目当てのお客さんが中心。単に珍しい風習を見に来たという人もいれば、ご利益を求めて自分からご神体にまたがる女性もいて活気がある。

 一方で、お祭りを知らずに温泉やぶどう狩りなどを楽しみに来た宿泊客も多い。

「女将さんに呼ばれて玄関前に来てみたら、とんでもないお神輿があってびっくりしました」と、県内の女の子2人組(23歳と24歳)は照れ笑い。中学校からの友達で、それぞれ木曽地方と伊那地方から温泉へリフレッシュしにやってきた。そこへいきなり男根のご神体が登場。誰だって驚くよそりゃ。

 2人とも女将さんにすすめられて乗ってみると「緊張したけどアトラクションみたいで楽しかった」と顔をほころばせ、「子だくさんになります」とノリノリ。旅館では女性が戸惑ったり恥じらったりしながらもお神輿を楽しんでいく様子や、ご神体が建物に入ってくる衝撃的な光景が盛り上がりを生んでいた。

画像画像 県内の女の子2人組。宿の玄関前で、代わりばんこにご神体へ

画像 終わった後は女将さんとピース

画像 記事冒頭の女の子たち(26歳)も温泉目当ての県内からの宿泊客。お祭りのラスト・おいさ!として、2人乗りを披露してくれた。おもしろかったとすっきりした表情を見せた後、「あやかりたいですね」と一言

画像画像 ご神体は薬師堂の通夜殿に到着。最後まで「おいさ!」の掛け声を絶やさず、お祭りを盛り上げ続けた担ぎ手のみなさん、本当におつかれさまでした!

 町の各地に興奮とご利益をもたらしたご神体は、夜10時ごろ薬師堂に帰着。2014年は9月27日に、ふたたび美ヶ原温泉で女性たちを揺らす予定だ。あまりにもご神体の上が楽しそうなので女性がうらやましくなったこのお祭り。1度足を運んで揺られてみてはおいさ?

関連キーワード

祭り | 温泉 | 文化


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー